ラップの代用品にはアルミホイルが使える?おにぎりを包むのに代わりになるものとは!レンジでそのまま使える優れものってある?

おにぎりを包もうとしたらラップが切れてなくなっていたってことはないですか?

そんな時、アルミホイルでラップの代用品になるかなぁ~なんて思ったりしますよね。

でも、アルミホイルってレンジで温められないって聞いたこともあるし‥

そこで今回はおにぎりを包む時にラップがなかった時レンジでも使える代用品について紹介します。

【スポンサードリンク】

ラップの代用品にアルミホイルは使える?

ラップは炊いたご飯を冷凍したり、残りのおかずを電子レンジでチンするときやお肉を小分け保存するときなどによく使いますね。

でも、その時にラップがなくなっていた場合の代用品は何が使えるでしょうか?

タッパー

タッパーに料理を入れて冷蔵庫に保管しておくことができます。

タッパーは、調理後の食材の保存に便利ですし、同じ大きさで揃えると綺麗に積み重ねて収納できます。

また、洗えば何度でも利用可能なので便利です。

タッパーに入れたままレンジでチンするのはOK?ふたが開かなくなった時の対処法とは!

シリコンラップ

ホームセンターや無印良品にも販売されている、伸びるシリコンラップ

シリコンラップは、ピタッと貼れるのがいいところです。

サランラップには無い伸びの良さで、たいていのお皿に使えます。

ただ薄いので強く引っ張ると敗れる恐れがあるので気をつけましょう。

アルミホイル

アルミホイルでもラップの代用ができます

ただアルミホイルをしたまま電子レンジで温めたりすることはできません

火花が飛ぶ恐れがあります。

アルミホイルの代用には何が良い?オーブントースターでグリルやホイル焼きを作りたい時必見!

ラップ以外でおにぎりを包むのに代わりになるものは?

ラップで包むメリットは、ラップを使って握ってからそのまま包めることです。

素手で触らずに包めるので、衛生面で安心ですね。

しかしラップはごはんの蒸気が逃げない素材のため、時間が経つと内側に汗をかき、おにぎりの表面が濡れてしまいます。

そこでラップ以外でおにぎりを包めるものはアルミホイルや竹の皮です。

アルミホイル

アルミホイルで包む際のメリットは、アルミとご飯の間に程よい隙間ができるため、表面が少し乾燥し、雑菌の繁殖を防いでくれるといった点があります。

しかし、電子レンジでそのまま温めることができないというデメリットがあります。

竹の皮

竹の皮は、適度に蒸気を吸う素材であるため時間が経ってもべちゃべちゃにならないこと、冷めてもそのまま電子レンジで温められることができます。

さらに竹の皮には天然の殺菌効果もあります。

しかし、竹の皮は現代ではほとんどの人が使い慣れていないという点で、使い方がよくわからず、難しそうなイメージがあるかもしれませんね。

【スポンサードリンク】

レンジでも使えるものは?

おにぎりを容器に保存するためなら、タッパー(レンジ対応の物)やシリコンラップが使えます。

洗えば何度も使えるのでラップの節約になります。

おにぎりを包み場合には、ラップや竹の皮がレンジに使えます。

プラスチック容器は電子レンジで温めてはダメ?溶けてしまったら体に害はある?

まとめ

ラップの代用品にはアルミホイルが使える?おにぎりを包むのに代わりになるものとは!レンジでそのまま使える優れものってある?

  • ラップ代用品に使えるものはタッパーやシリコンラップ、アルミホイルがよい
  • ラップ以外におにぎりを包むのに便利な物はアルミホイルや竹の皮が良い
  • タッパーやシリコンラップ、竹の皮はレンジが使えるが、アルミホイルは発火の恐れがあるので注意が必要である

今回はラップの代用品について調べてみました。

おにぎりを包む際にラップがなかった時は、レンジでも使える竹の皮がおすすめです。

あるいは温めなくてもいい時はアルミホイルでも可能です。

また、容器などに入れて保存する時のラップの代用にはタッパーやシリコンラップがおすすめでしょう。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

スポンサードリンク

こちらの記事はいかがですか?


このページの先頭へ