オーブントースターの温度調節、目安は何度くらい?ワット数との関係は?

パンなどを焼く時に使うオーブントースターですが、温度調整の付いていない物や、中にはW(ワット)数で切り替えるものが付いているものがあります。

W(ワット)数の切り替がついている物であれば、ある程度はわかりますが、温度調整が付いていない場合は、温度目安がわからないですよね。

そこで今回はオーブントースターの温度目安は何度なのか、温度とW(ワット)数の関係について説明します

【スポンサードリンク】

オーブントースターとは

オーブントースターとは、加熱できる電気式調理器で、前に開き戸のある箱形で、中には棚がついています。

その上下に電熱器がつけられて、棚に物を置くとその上下から加熱することができます。

オーブンのように中まで火を通すのではなく、焦げめをつけて表面を香ばしく焼く、焼き色を付けるための調理機器になります。

オーブントースターの特徴

●上下の熱が食品に近い位置にあるため、温度が上昇するスピードが速いです。
このため、短時間で焦げ目の付いたサクっとしたトーストが仕上がります

●時間がたってしまって衣が柔らかくなってしまった揚げ物は、表面温度を急速に上げることができるので、衣がサクサクに復活し、揚げ直したような状態になります

オーブントースターの注意点

●食品の表面温度を一気に上げることができるので、ほんのわずかな時間で気付いたら表面が黒焦げに・・・

ときどき様子を見ながら、焦げそうだと思ったら、アルミホイルで食品を覆うなど対策をしましょう。

ラップやシリコン製品は、基本的には高い温度に対する耐久性はないため、オーブントースターでの使用は控えましょう

オーブンレンジの使い方をおさらい!予熱の仕方や天板がない時の使い方についてご紹介!

オーブントースターの温度調整の目安は?

最近のオーブントースターだと、温度調整機能のついているものがありますが、切り替えスイッチがない場合もあります。

そういった場合は、オーブントースターの温度は、メーカーによりますが、およそ200度~250度くらいが目安になります。

よくレシピなどを見ると「オーブントースターで〇〇分」という表記されている時は、200度以上で調理するといいかもしれませんね。

その他には、オーブントースターの設定で、W(ワット)が選べるつまみが付いている物もあります。

【スポンサードリンク】

オーブントースターのW(ワット)数の関係は?

オーブントースターにはW(ワット)数を選ぶことができるつまみが付いている物があります。

このW数は、数字が高ければ高いほど、一定の温度になるまでの時間が短くなります。

つまり、温度の高さではなく、温度に上がるまでの時間を示しています。

例えば、900Wは何度になるでしょうか?と質問があった場合、500Wでも600Wでも温度は200度~250度です。

違うのは目安温度までなる時間が違うというわけです。

まとめ

オーブントースターの温度調節、目安は何度くらい?ワット数との関係は?

  • オーブントースターとは、加熱できる電気式調理器で、焦げめをつけて表面を香ばしく焼く、焼き色を付けることが得意である
  • オーブントースターは、温度上昇スピードどが早いためカリッとサクッと仕上がるが焦げやすいので注意が必要である
  • オーブントースターの温度目安は200度~250度である
  • W(ワット)数は温度の高さではなく、温度が上がるまでの時間である

今回はオーブンとスターの特徴や温度とW(ワット)数の関係ついて調べてみました。

オーブントースターの特徴や温度とW(ワット)数の関係がわかっていただけたと思います。

オーブントースターはパンを焼くだけではなく、揚げ物の温め直しにも使えるので、是非活用してみてくださいね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

スポンサードリンク

こちらの記事はいかがですか?


このページの先頭へ