冷蔵庫の野菜室の温度は何度くらい?肉や野菜が凍る原因を解説!


冷凍庫は、凍らせるためのスペースで、冷蔵庫や野菜室は冷やして保管するためのスペースです。

しかし、なぜか冷蔵庫に入れた肉などが凍ってしまった、野菜室に入れた野菜が凍ってしまった、という経験はあるのではないでしょうか?

使い方に問題があるのか、温度設定に問題があるのか、それとも冷蔵庫自体の不具合や故障なのか分からず、対処に困っている方も多いと思います。

そこで今回は、冷蔵庫や野菜室に入れている肉や野菜などが凍る原因はどのようなものがあるのか、また凍ってしまった場合の対処方法はどうすればよいのかについてご紹介します。

また野菜室や冷蔵庫の温度は何度が適しているのかについても紹介します。

【スポンサードリンク】

野菜室の温度は何度が適温?

野菜室の温度は3度から8度くらいに設定されています。

また、野菜室は冷蔵室に比べて湿度が高くなっています。

つまり、野菜室のほうが温度が低すぎず、ほどよい湿度により野菜の鮮度が保てるというわけです。

野菜室の湿度

野菜室の湿度は機種によってかなりの差があります。

高湿度機能を備えた冷蔵庫は60%から90%くらいになりますが、そうでないものは20%から50%くらいのようです。

高湿度の野菜室は、野菜をそのまま入れても鮮度が落ちにくい特徴があります。

ただ、必要に応じて新聞紙やポリ袋、ラップなどを利用するとよいでしょう。

冷蔵室に入れてしまうと、保存状低温障害という現象が起き、野菜が傷んでしまう場合もあります。

冷蔵庫の温度は何度が適温?

冷蔵庫内の場所によっても温度がそれぞれ異なります。

冷蔵庫内のおおよその温度目安は次のようになっています。

●冷蔵室は約3度~6度

●チルドは約0度~2度

●野菜室は約3度~8度

●冷凍室・製氷室は約ー20度~-18度

●パーシャル室は約ー3度~-1度

温度目安は、外気温20度~30度でドアの開閉なし、またはドアを閉め安定した時の温度となっています。

冷蔵庫の温度の基準は平均どのくらい?温度が下がらない原因と解決法とは?

【スポンサードリンク】

野菜室に入れたら野菜が凍る原因

野菜室に入れた野菜が凍る原因は、野菜室の温度が冷えすぎることを防ぐためのヒーターの故障、または冷蔵庫の温度が冷えすぎていることが考えられます。

まずは、温度設定が「強」になっているか確認し、なっていれば「中」か「弱」に設定してください。

水気の多い野菜は凍りやすいため、発泡トレイを敷いて収納することで凍りつきを防ぐことができます。

冷蔵室に入れたら肉が凍る原因

冷蔵室に入れた肉が凍る原因は、温度設定が「強」になっている場合があります。

まずは「中」「弱」に設定しましょう。

または、置く位置にも関係してきます。

1番冷気が当たる場所は吹き出し口付近や下段(冷気は下にたまる)です。

その場所を避けて置くようにしましょう。

冷蔵庫の冷蔵室が冷えないor凍る原因とは?温度の平均はどれくらい?

まとめ

冷蔵庫の野菜室の温度は何度くらい?肉や野菜が凍る原因を解説!

  • 冷蔵庫の冷蔵室は3度~6度、野菜室は3度~8度が適温である
  • 肉や野菜が凍る原因は温度設定が「強」になっているか置き場所に問題がある
  • 凍らなくするようにするには温度を「中」「弱」に切り替えるか、置き場所を変えてみる

今回は冷蔵庫の野菜室の温度は何度くらいなのか、肉や野菜が凍る原因について調べてみました。

冷蔵庫を開けたら肉や野菜が凍っていたらびっくりしますよね。

そういった場合は、まず温度設定を確認してみたり、置き場所を変えてみたりしてください。

もしそれでも凍ったままで直らない場合は故障している場合があります。

そういった時はメーカーに問い合わせしてみるとよいでしょう。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです

スポンサードリンク

こちらの記事はいかがですか?


このページの先頭へ