電気オーブンとは?ガスオーブンとの違いは何?電気代ってどのくらいかかるの?

オーブンを購入しようと考えている方は、初めに電気オーブンかガスオーブンのどちらにしようか迷ってしまいますね。

できたら、自分が望むような調理ができたり、少しでも電気代やガス代の光熱費を抑えたいところです。

そこで今回は電気オーブンとガスオーブンの違いや電気代について紹介します。

【スポンサードリンク】

電気オーブンとは

電気オーブンとは、電気で食品を蒸し焼きにするなど、火を使わず電気のみで調理できるオーブンです。

電気オーブンはサイズがコンパクトなものが多いため、導入が簡単。

また、庫内に温度差のムラができにくいので、熱の回りが均一で、焼き上がりがきれいになります。

しかし、電気オーブンは火力が弱いので、予熱に時間がかかってしまいます。

ランニングコストが高くついてしまうというデメリットもあります。

また、サイズが小さいため、一度にたくさんの食品を調理するのに適していません

大きめの肉料理をしたいときにも料理によっては制限が出てしまうでしょう。

オーブンレンジの使い方をおさらい!予熱の仕方や天板がない時の使い方についてご紹介!

電気オーブンとガスオーブンとの違いは?

電気オーブン

●温め方・・・・・電気

●火力・・・・・・ガスオーブンに比べ火力は劣りますが、その分食品にゆっくりと熱を回らせることができます。

●サイズ・・・・・コンパクトなものが多いため、ガスオーブンに比べて導入が簡単です。

●コスト・・・・・火力が弱いので予熱に時間がかかってしまうため、ガスオーブンよりコストが高くなります。

●調理量・・・・・サイズが小さいため、一度にたくさんの食品を調理するのに適していません。

ガスオーブン

●温め方・・・・・ガス

●火力・・・・・・火力が強いです。そのため、パリッとした食感に向いています。

●サイズ・・・・・サイズが大きく、設置する際にはガスの元栓の場所や安全性を気にしなければならない。

●コスト・・・・・電気オーブンより安くつきます。

●調理量・・・・・ガスオーブンはサイズが大きいため、一度に大量の食品を焼き上げることができます。

※電気オーブンはガスオーブンと比べると、火力が弱く電気代が高くなってしまいます。

しかし、熱をしっかり回すことができるため均等に焼き色が付き見栄えが綺麗です。また、コンパクトなため置き場所困らず好きなところに設置できます

【スポンサードリンク】

電気オーブンを使用した時の電気代はどれくらいかかるの?

電気オーブンの電気代は、消費電力を1200ワットとして計算すると1時間あたり約30円です。

大阪ガスさんの調べによると・・・

アップルパイを焼いた場合(加熱20分)電気オーブンが11.1円になります。

ちなみに、ガスオーブンを使用すると、ガスオーブンは強火で加熱するので調理時間が短縮できるので15分で7.6円になります。

光熱費を比較すると、電気オーブンの方が約4円高くなってしまいます

まとめ

電気オーブンとは?ガスオーブンとの違いは何?電気代ってどのくらいかかるの?

  • 電気オーブンは、火力が弱い上にコンパクトなので一度にたくさんの調理ができないが導入しやすい
  • ガスオーブンは、火力が強い上にサイズが大きいので一度に大量の食品を焼き上げる事が導入する場所が限られてくる
  • 電気オーブンがガスオーブンと比べるとランニングコストが高くなる

今回は、電気オーブンとガスオーブンの違いや電気代について調べてみました。

電気オーブンやガスオーブンは、それぞれ良いところや悪い所があります。

火力の強弱による焼き具合、調理量や置き場所、ランニングコストなど・・・

自分が求めているものに近いオーブンを選ぶとよいでしょう。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。
少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

スポンサードリンク

こちらの記事はいかがですか?


このページの先頭へ