赤ワインを料理で使う時の代用は何でできる?賞味期限や料理で使う効果もご紹介!


赤ワインは、肉料理やお菓子、スイーツ作りなどに使われますよね。赤ワインがないときには他のお酒代用できるのでしょうか。料理に赤ワインの代用に使えるお酒を調べてみました。

また、赤ワインのボトルを開けてだいーぶ経ったのが残っているという場合もありがちですよね。赤ワインはそんなに頻繁に使う者ではありませんが、賞味期限切れしていそうな赤ワインは使って大丈夫なのでしょうか。赤ワインの賞味期限についても調べてみました。

また、お料理に赤ワインを使うことの効果とはいったい何なのでしょうか。他のお酒では出せない効果があるのか気になりますね。今回は、赤ワインの代用品と賞味期限、赤ワインを料理に使うことの効果についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

赤ワインの代用品

赤ワインの代用品は、ないという意見が多くあります。赤ワインにはタンニンという渋み成分が含まれていますが、このタンニンという成分がお肉を柔らかくしてくれる効果があるのです。

また、お肉のコクを引き出すという働きも赤ワインならではです。日本酒など他のお酒を使うとお肉の旨味が抜けてしまうといわれています。

赤ワインには熟成させることで独特のコクが出ているので、それを再現できる代用品はありません。

白ワインや料理酒を代用品として使えるという人もいますが、やはり赤ワインを使った時のほうが美味しいとのことなので、味が落ちるのは承知で使いましょう。

また、赤ワインでも白ワインでも、少量しか使わないレシピでは、水でも代用品として使えるとのことです。大さじ2杯くらいまでなら赤ワインを水で代用してもいいでしょう。

しかし、赤ワイン煮込みなどの赤ワインがメインとなるお料理には代用を避けましょう。

赤ワインの賞味期限

赤ワインは、2〜3年以内と言われていますが、ボトルの中でも熟成が進み、味は個人の好みによるところが大きいので一概には言えません。

酸化が進むと、どうしても酸味が強くなりすぎて酸っぱくなってきてしまうのです。しかし、到底飲めないと感じる赤ワインになってしまっていても、お料理には使う人が多いといわれています。

そして、先程のは未開封の場合の賞味期限です。開封後は冷蔵庫で保存しても1週間くらいが賞味期限だと言われていて結構日持ちしないんですね。フルボディで1週間、ライトボディだとさらに5日間と短くなります。

今回少しだけお料理に使うけど普段は使わないのでどうしても余ってしまうという人には、大瓶は不向きです。

どうしても開封すると酸化してしまいますので、お料理に少しだけ使いたいなというときは、小瓶を買って使うといいでしょう。酸化したものよりやはり新鮮なのを使う想定でのレシピでしょうからね。

【スポンサードリンク】

赤ワインを料理に使う効果

外国ではお肉の煮込み料理には、必ずと言っていいほど赤ワインが使われる国もありますよね。

赤ワインには、お肉の臭みを消したりあ肉を柔らかくしたり、コクを増したりお肉が日持ちするように抗菌したり、赤ワインの香りを付けたりという効果があるのです。

料理用赤ワインについては『料理用の赤ワイン、おすすめは?保存方法についてもご紹介!』の記事で詳しく紹介してますのでこちらもチェックしてみてください!

まとめ

さて、いかがでしたか?

まとめますと、

赤ワインの代用品、賞味期限、お料理への効果

  • 代用品はない。少量なら水で代用。
  • 賞味期限は開封後は1週間くらい。
  • お料理への効果は肉の臭み消しや肉を柔らかくする、コクを増すなど。

ということでしたよね。

また白ワインの代用については、『白ワインの代用に赤ワインは使える?ハンバーグやパスタなどの料理を作る時必見!』の記事で詳しく紹介してますので、白ワインについて知りたい方はこちらもチェックしてみてくださいね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

【スポンサードリンク】

こちらの記事はいかがですか?


このページの先頭へ