料理用の赤ワイン、おすすめは?保存方法についてもご紹介!

洋食など煮込み料理をを作る際、赤ワインを使うとグッとコクと深みがお料理に出ます。

料理用の赤ワインってどのような赤ワインを皆さんはお使いですか?
最近は赤ワインの種類も沢山増えているので購入時にいつも悩んでしまいます。

料理用に最適な赤ワインのおすすめが解れば便利ですよね!
あと、保存方法なんかも解ればお料理で余っても困らないですよね!

そこで今回は『料理用の赤ワインのおすすめは?保存方法など』料理用の赤ワインのおすすめから保存方法まで色々調べてみました。

【スポンサードリンク】

料理用の赤ワインのおすすめは?

料理用の赤ワインのおすすめはテーブルワインと言われている比較的リーズナブルなワインで十分です。
価格は500円程からあります。

味は甘みの少ない物を選んで下さい。
甘みが強い赤ワインだと料理の仕上がりも甘くなってしまいます。

ボージョレーのような若くてゴクゴクと軽い感じで飲めてしまう赤ワインも料理用にはオススメ出来ません。

おすすめは重口で渋みのある赤ワインがおすすめです。
瓶の裏を見るとどのような赤ワインなのか表示されていますので確認してから購入して下さい。

赤ワインの代用については『赤ワインを料理で使う時の代用は何でできる?賞味期限や料理で使う効果もご紹介!』の記事で紹介してますのでこちらもチェックしてみてくださいね。

おすすめのレシピ

赤ワインの特徴を活かしたコク深く重みのある味わいに仕上げたいお料理に最適です。

・煮込みハンバーグ
・ビーフシチュー
・濃厚ソース

料理用の赤ワインの保存方法は?

料理用の赤ワインの保存方法は基本的に通常に飲んでいるワインと同じ保存方法
で大丈夫です。

高温多湿を避けて暗い涼しい場所に保存をして下さい。
棚の中や冷蔵庫での保存で問題ありません。

ワインは長期間空気に触れると酸化してしまうので飲み残しの赤ワインを使ったり、逆にテーブルワインを料理用に使っていれば料理で余った際も飲めて無駄なく使えるのでおすすめです。

【スポンサードリンク】

まとめ

  • 料理用の赤ワインは比較的リーズナブルなテーブルワインで十分です。
  • テーブルワインは500円程から種類が豊富にあります。
  • 保存方法は通常の赤ワインと同じで高温多湿を避け暗い場所が好ましいです。
  • 冷蔵庫での保存もおすすめです。
  • ワインは長期間空気に触れていると酸化しやすいです。
  • テーブルワインを料理用に使っていれば余った際も飲んで楽しむことが出来無駄なく使えます。
  • 今回は料理に使うとコクと深みをグンと引き立ててくれる料理用の赤ワインについて色々と調べてみました。

    沢山の種類の中から選ぶのは大変ですがポイントが解っていれば好みの赤ワインを見つけやすくなります。

    また白ワインの代用について『白ワインの代用に赤ワインは使える?ハンバーグやパスタなどの料理を作る時必見!』の記事で紹介してますので、こちらもチェックしてみてください!

    それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

    お役にたったと思えた方は、以下のブログランキングのバナーをポチッとしていただけると嬉しいです。


    料理ランキング

    スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください