さんぴん茶のカフェイン量について!妊娠中や子供は飲まない方が良い?

沖縄の代表的なお茶として知られているさんぴん茶は体や心にとてもよく、毎日好んで飲んでいるという人も多いのではないでしょうか?

実際に沖縄料理店でも置いているという所も多かったり、沖縄では日常的に飲まれている人気のお茶のため、さんぴん茶を知らないという人は少なくなく人気が高いのですが、カフェイン量は気になりますよね。

また、妊娠中や子供は飲まない方が良いのでしょうか?

今回は、気になるさんぴん茶のカフェイン量について徹底的に調査をしてみました。

【スポンサードリンク】

さんぴん茶のカフェイン量について


さんぴん茶はとても美味しく、健康的にもとても良い飲み物として沖縄を中心に人気のお茶ですが、カフェイン量は一体どのぐらいなのでしょうか?

さんぴん茶のカフェイン量は100mlあたり29.6mgです。

このカフェイン量は烏龍茶、中国紅茶、プーアル茶と比較してみてもやはり高いという結果になっています。

ちなみに、市販で売られているジャスミン茶のペットボトルのカフェイン量ですが、100mlあたり7mgから50mgまで差があるものの、やはり他のお茶と比べてみてもカフェイン量が多いです。

現在では特定保健用食品などによってカフェイン量を抑えられているさんぴん茶も多くあります。

妊娠中や子供は飲まない方が良い?


さんぴん茶は沖縄では一般的に飲まれていますが、カフェインの量の多さから妊婦さんは飲まないほうが良いのではないか、子供には悪影響を及ぼしてしまうのでは?と思われますが実際にはどうなのでしょうか?

結論から言えば妊婦さんでも子供でも安心して飲むことができます。

実際にさんぴん茶には子宮を収縮する作用のある成分は一切含まれておらず、カフェインにおいては少々多いものの、体に悪影響を及ぼしてしまう程の量ではないため、妊婦さんや子供でも安心して飲むことができます。

【スポンサードリンク】

さんぴん茶を飲むことでメリットが多い!?


妊婦さんでも子供でも安心して飲むことができるさんぴん茶ですが、実はさんぴん茶を飲むことによってとても多くの効果があります。

そこで、さんぴん茶を飲むことによるメリットについて紹介します。

●自律神経を整える

●抗うつ効果

●リフレッシュ効果

●リラックス効果

●美肌効果

●ダイエット効果

●口臭予防

●女性ホルモンを整える

●胃腸を整える

といった沢山の効果、効能があり、メリットが多いです。

普段何気なくさんぴん茶を飲んでいるという人も多いかと思いますが、毎日しっかりと飲むことで、より健康的な日々を送ることができます。

また、メーカーによってはさんぴん茶の味や飲みやすさが異なります。

自分のお気に入りのさんぴん茶を見つけるのも楽しいのではないでしょうか?

まとめ

さんぴん茶はカフェイン量は多いものの、妊婦さんや子供でも安心して飲むことが出来る事が分かりました。

多くの効果・効能があるため、さんぴん茶を毎日飲むことでより健康的な体を作り上げることができます。

沖縄以外の地域ではそこまで身近に親しまれていないさんぴん茶ですが、この機会にぜひ飲んでみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください