やぶきた茶とは?効能がすごい!特徴や美味しい入れ方についてご紹介!

「やぶきた茶」を飲んだことはありますか?緑茶の一種なので、名前は知らないけど飲んだことがある方は多いかと思います。

そもそもやぶきた茶とはどんなお茶なのでしょうか?

今回は、やぶきた茶の効能や特徴、美味しい入れ方についてご紹介します!

【スポンサードリンク】

やぶきた茶とは?


煎茶の場合、商品名に「やぶきた」茶という名前がついているものが多く、一度は見たことがあるという人もいると思います。

実際に茶の品種として農林水産省に登録されているものは60品種以上あるのですが、その内の8割が「やぶきた」です。

栽培しやすく加工に適していて、味や香りもとても良いため、好んで飲んでいるという人も多くいます。

やぶきたは1908年に静岡県安倍郡有度村の篤農家、 杉山彦三郎が在来種の中から見つけた品種で、やぶを切り開いた茶園の北側に植えた茶樹から選抜したことでやぶきたの名前が付けられた事でも有名となっていますが、やぶきたが偏重された理由は栽培しやすい、早く収穫できる、煎茶としての品質が極めて優れているという事から、人気のお茶の1つです。

やぶきた茶の特徴と味は?


やぶきたは日本茶のおよそ80%を占める有名な品種であることがわかりましたが、特徴と味についても調べてみました。

やぶきたは別名「茶農林6号」とも呼ばれているのですが、普通煎茶・深蒸し煎茶・かぶせ茶・玉露など、様々な茶葉へと変身することができ、艶やかで深みのある色彩と、厚みのある爽快な香り、そして旨味と渋みのバランスが絶妙とも言われていて、やぶきたの味は一番馴染み深い日本茶の味として人気があります。

また、スッキリとした爽快な香りと、キリッとした喉越し、さらに、しっかりとしたコクを感じさせてくれることから、普段お茶を飲まないという人でも飲みやすいお茶です。

【スポンサードリンク】

やぶきた茶の効能と効果は?


やぶきた茶を飲むことによる効能と効果はどのようなものがあるのでしょうか?

調べてみたところ、とても多くの効能と効果があることがわかりました。

お茶にはカテキン類、ヘデロ多糖類、ビタミンC、ビタミンE、β-カロチン、γ-アミノ酪酸、サポニン、フッ素、亜鉛、セレンが含まれており、とても多くの成分が含まれていることがわかります。

実際に効能と効果は、

・抗酸化
・抗突然変異作用
・抗癌
・癌の転位抑制
・毛細血管の脆弱化抑制
・血圧上昇抑制
・抗壊血病
・抗酸化
・癌予防
・虫歯予防
・味覚異常防止
・皮膚炎防止
・免疫機能低下抑制

といった様々な効能、効果が期待できます。

毎日しっかりと飲むことによって、より健康的な体にすることができます。

やぶきた茶の入れ方とは?


やぶきた茶にはとても多くの成分が含まれているだけではなく効果も多くあるということがわかりましたが、やぶきた茶せっかくなら美味しく飲みたいですよね!

やぶきた茶の入れ方は通常のお茶と同じように、茶碗にお湯をいれ、急須に茶葉をいれ、急須に茶碗のお湯を注ぎ、お茶を注ぐというシンプルなやり方で美味しく飲むことができます。

より美味しくやぶきた茶を飲む方法として、お茶の葉の量が3~5グラム、お湯の量50~100cc、お湯の温度、80℃~90℃、浸出時間30秒~1分を意識することでより美味しく飲むことができます。

まとめ

やぶきた茶について初めて知ったという人も多いのではないでしょうか?

毎日飲むことで健康的な体を作ることができるだけではなく、様々な効果、効能を発揮してくれます。

やぶきた茶はスッキリとした爽快な香りと、キリッとした喉越しのため、飲んだことがないという人はこの機会にぜひ飲んでみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください