無糖紅茶のカロリーは本当に0カロリー?効果・効能についてご紹介!

紅茶を飲みたいけれども、カロリーが気になるからと無糖紅茶を飲んでいるという人も多いのではないでしょうか?

無糖紅茶ならば砂糖も入っていないし、カロリー的にあまり気にしなくても大丈夫!と思って飲んでいるけど、無糖紅茶は本当に0カロリーなのでしょうか?

効果や効能も気になりますよね!

今回は無糖紅茶のカロリーや効果、効能について調べてみました。

【スポンサードリンク】

無糖紅茶のカロリーは本当に0カロリー?


さて一番気になるのが、無糖紅茶本当にカロリーは0カロリーなのか、ということですよね!

無糖紅茶のカロリーについて調査をしてみましたが、基本的に紅茶は0カロリーだということがわかりました。

特に茶葉から淹れた紅茶をそのまま口にした場合は0カロリーなのですが、微量ではあるもののタンパク質などが含まれています。

しかし、本の栄養表示の基準に従った場合、100mlあたり5キロカロリー以下のものに関しては、0カロリーと表示して良いことになっているため、紅茶は0カロリーである事がわかります。

しかし、0カロリーと書いてある飲み物だからといって厳密に0カロリーというわけではなく、一定基準より低い為、0カロリーということになっているのです。

メーカーによっては微量ではありますが、カロリーが含まれている場合がありますが、やはり栄養表示の基準に従って0カロリーと表記されているため、詳しく知ることはできません。

紅茶の効果・効能とは?


紅茶はとても美味しい飲み物ですが、実際に飲むことによる効果や効能はどのようなものがあるのでしょうか?

そこで、紅茶の効果や効能について調査をしてみたところ、とても多くの効果・効能があることがわかりました。

●血糖値上昇を抑制してくれる

●死亡率が下がる

●体内の炎症反応を抑え脂肪の吸収を抑制してくれる

●血圧を下げる

●卵巣がんの発生リスクを抑えてくれる

●肌の老化を促す糖化を抑制する

●ノロウイルスを消毒する

といった様々な効果・効能があることがわかりました。

特に紅茶は健康にとても良く、カゼ予防にもなったりと、紅茶を飲むことで毎日の生活がより良いものになること間違いなしです。

健康のために毎日飲んでいる人もいるくらい、紅茶は日常において欠かせないものであるということがわかります。

【スポンサードリンク】

紅茶を飲むことによるデメリットとは?


紅茶を飲むことでとても多くの効果や効能があることがわかりましたが、デメリットはあるのでしょうか?

デメリットとしては紅茶には多くカフェインが含まれているということです。

カフェインには、中枢神経を覚醒させる働きがあるのですが、カフェインを摂取することで、尿を催したり、眠れなくなってしまうという事が考えられます。

しかし数杯程度ならば特に問題はないため、過剰に不安に感じてしまう必要はないです。

まとめ

無糖紅茶のカロリーはほぼ0カロリーであるということがわかりました。

実際には少量のカロリーがあるものの、特に表記しなければいけない程のカロリーではないという事が分かったと共に、紅茶を飲むことで効果や効能がとても多くあるということがわかりました。

紅茶を飲むことで毎日の暮らしがより良いものになるため、この機会にぜひ紅茶を飲んでみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください