宇治茶とはどんなお茶?気になる特徴や歴史、抹茶との違いについて調べてみた!

日本三大茶といえば、静岡茶、狭山茶、そして宇治茶ですよね!

宇治茶は特に知名度も高く、多くの人から愛されているお茶として人気が高いです。

しかし、中には宇治茶を飲んだことがないという人もいるのではないでしょうか?

宇治茶とはどんなお茶なのか、宇治茶の特徴についても知りたいですよね。

今回は宇治茶と抹茶との違いについても分かりやすくご紹介します。

【スポンサードリンク】

宇治茶とはどんなお茶?

日本茶の名前の由来は作られている地名がそのまま使われていることが多いです。

宇治茶は京都府の宇治市で作られているお茶ですが、生産地は宇治市だけではなく、他の地域でも作られています。

しかし、宇治茶を名乗れるのは京都府の他に3県しかないほど、数少ないブランド茶でもあります。

宇治茶と一言に言っても、玉露、かぶせ茶、煎茶、抹茶、かりがね、青柳、粉茶、ほうじ茶、玄米茶など、種類は様々あります。

よく飲まれている身近なお茶ですが、実はこれらは全て宇治茶です。

日本を代表する宇治茶産地である京都府でつくられており、どれも香りが高い風味を持ち、長い歴史があります。

宇治茶の特徴や歴史とは?

宇治茶の特徴として、蒸す時間を必要最小限に抑え、野の香りを残しつつ爽やかな味を楽しむことが出来るようになっています。

宇治茶独特の香りが好きという人もとても多くいますよね!

また、宇治茶は玉露や抹茶を中心とした高級茶の代名詞ともなっていて、それだけ知名度もとても高いです。

ちなみに、お茶といえば抹茶が一般的だったのですが、茶業家のたゆまぬ努力の結果、1738年に煎茶製法の源である「宇治製法」が創製されました。

その他にも1835年には玉露が創製されたりと、年々とお茶は進化を遂げております。

日本緑茶の大半は、この「宇治製法」を基にした製法で作られている通り、宇治茶の品質は、長い歴史によって培われたすぐれた伝統技術の継承が実を結んでいるといっても過言でないのです。

店頭に多くのお茶が販売されている通り、改良に改良を重ね、現在でも日々進化を遂げている宇治茶。

それだけ、日本にとっても世界にとってもお茶は愛されているのです。

【スポンサードリンク】

抹茶との違いとは?

先ほども述べたように、宇治茶は宇治市が生産地であるお茶のことで、抹茶は宇治茶の中の種類です。

まろやかな香りと深みのある味を楽しむことができ、お茶の渋みはあるものの、濃厚な味わいとなっていて、香りもとても高いです。

また、産地によってはどちらも味や香りによって多少違いはあるものの、味に特徴があり日本人に親しまれるお茶の1つです。

お茶の効能、効果とは?

宇治茶も抹茶もどちらも同じお茶ですが、お茶を飲むことの効能や効果はどのようなものがあるのでしょうか?

お茶を摂取することの効能について詳しく解説していきます。

・運動の持久力を高める
・心臓発作のリスクを減らす
・肥満を防ぐ
・紫外線から体を守る
・糖尿病に効く
・整胃効果・美肌効果
・リラクゼーション効果
・目のピント調節効果
・睡眠改善効果

お茶を摂取することでこのような様々な効能があります。

とても多くの効能があるのですが、毎日しっかりと継続して飲むことよってより効果を高めてくれます。

まとめ

抹茶と宇治茶の違いやお茶の効能、効果についても詳しく解説しましたがいかがでしたか?

味わいがあり、香りが良い日本茶であり効果・効能もたくさんあることがわかりました。

自分の好きなお茶を選んで楽しんでみてくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください