煮出した麦茶の冷まし方!正しい保存方法を知らないと食中毒の危険があるって本当?

暑い季節、喉がかわいた時や食事の際に麦茶を飲むという人が多いはずです!

麦茶はとても体に良く、簡単に作ることが出来るということから、多くの人が作ってはストックをしていると思います。

そんな簡単に作ることができる麦茶ですが、保存方法を間違えてしまうと食中毒の危険があることをご存知でしょうか?

そこで今回は麦茶の正しい保存方法や煮出した麦茶の冷まし方についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

煮出した麦茶の冷まし方


麦茶の作り方において、水出しと煮出しが主流となっていますが、その中でも煮出しの方法はとても簡単に作ることができ日持ちもするため、安心してストックをすることができます。

とても美味しく作れる煮出しの麦茶は、麦茶の旨味や栄養が一番よく出るのはとても嬉しいことではありますが、煮出した麦茶の冷まし方はどのようにすれば良いのでしょうか?

麦茶を急速に冷ます方法として、氷水をはった洗い桶や大きなボールにヤカンをつけて冷ます事がオススメです。

麦茶の容器が耐熱ならすぐに移すの良いのですが、麦茶が空気に触れることで温度が下がるため、容器ごと氷水につけると尚、早く冷ますことができます。

正しい保存方法を知らないと食中毒の危険があるって本当?


麦茶の保存に適した場所として冷蔵保存や冷凍保存が挙げられるのですが、正しい保存方法を知らないと食中毒の危険があります。

そのため、しっかり保存方法を知っておく必要があるのですが、麦茶の正しい保存方法は何でしょうか?

麦茶の正しい保存方法として挙げられるのが冷蔵保存です。

常温で放置をするという人も中にはいるようですが、常温で麦茶を放置してしまうと、雑菌が繁殖する原因になってしまいます。

そのため、煮出した麦茶の場合、清潔な容器に入れ、冷蔵庫に入れることで、2〜3日は保存することができます。

それ以上保存をし続けるのはあまり良くなく、長く保存をしてしまうことで食中毒の危険性も上がります。

できる限り早く飲みきることが大切です。

【スポンサードリンク】

麦茶の効果とは?


毎日飲んでいるという人も多い麦茶ですが、実際に麦茶を飲むことでどのような効果が期待できるのかご存知でしょうか?

意外と知らない人が多い麦茶の効果ですが、麦茶を飲むことで様々のメリットがあります。

●体温を下げる

●血液をサラサラにしてくれる

●イライラなど神経を鎮める効果

●発がん性物質を抑える効果

●高血圧の予防

●むくみを解消する

このような多くの効果があります。

女性にとっても嬉しい美容効果も期待できるため、毎日の日課として麦茶を飲むということは健康により良い効果があるのです。

まとめ

煮出した麦茶の冷まし方や正しい保存方法について紹介しましたがいかがでしたか?

常温で保存をしていたという人も中にはいたのではないでしょうか?

暑い季節で常温保存をしてしまうと食中毒の危険が上がりやすくなります。

より美味しく飲むことができるようにするためにも、煮出した麦茶はしっかりと冷蔵保存をし、早い段階で飲みきることが大切です。

多くの効果も期待できるので、夏の暑い時期にご自宅で作ってみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください