アルミカップは電子レンジやトースターで使っても大丈夫?お弁当を温めたい時必見!

皆さんはアルミカップは使いますか?

私は毎日お弁当を作ってお昼に食べているのでアルミカップはとてもよく利用します。

食材が痛んだりしないよう冷蔵庫でお弁当を保管しているので食べるときには電子レンジなどで温めてから食べることが多いです。

アルミ製の物は電子レンジで使用しない方が良いと聞いたこともある方も多いと思いますが、実際はどうなのでしょうか?

今回は『アルミカップは電子レンジやトースターで使っても大丈夫?お弁当を温めたい時必見』などアルミカップについて調べましたのでご紹介致します。

【スポンサードリンク】

アルミカップとは

皆さんご存知のアルミカップ。
素材はアルミ箔で大小様々な大きさがあってカップ型になっているのでお弁当やお菓子作りに重宝します。

アルミカップ電子レンジやトースターで使って大丈夫?

電子レンジで使用する

アルミカップは電子レンジでの使用は基本的に不可です。

その理由はアルミカップの素材と電子レンジが食材を温める仕組みに関係しています。

アルミカップはアルミ箔で出来ています。
このアルミ箔はアルミニウムと言う金属を薄く延ばして出来ています。

そして電子レンジが食材などを温める仕組みはマイクロ波という電子波を食材に放射して食材の中に含まれている水分を振動させる事によって温めることが出来ます。

電子波の中にアルミニウムのような金属があると電磁誘導が起こり電流が発生してしまいます。

逃げ場をなくした電流が電子レンジに放出されると火花が発生して電子レンジの故障や火災に繋がる場合がありますのでとても危険です。

今までお弁当を温めていて問題がなかったのは温め時間が短時間だったりアルミカップと電子レンジとの間にある程度の距離が取れていた事で故障や火災には繋がりませんでしたが今後はアルミカップを出してから温めたいと思います。

トースターで使用する

アルミカップはトースターでの使用は基本的に大丈夫です。

使用に際して注意点があるのでご紹介していきます。

トースターの仕組みは赤外線ヒーターによって食材を温めたり加熱したりします。

アルミカップはアルミ箔という金属から作られていますが、金属は基本的に燃えないのでトースターでの使用は問題ありません。

しかし、ヒーター部分に直接触れてしまうと高温おとなりアルミが溶けてしまいそこから食材が漏れて直接ヒーターに付いて火災が発生してしまう場合などもあるので注意が必要です。

電子レンジよりもトースターの方がかなり高温になるためプラスチックやビニール素材・木製などは溶けたり燃えやすいので使用は出来ません。

【スポンサードリンク】

お弁当を温めたい時はどうしたらいい?

お弁当にアルミカップが入っている場合は電子レンジの使用をオススメ出来ません。

アルミカップだけ出して温める事をオススメします。

電子レンジで使えるシリコン素材のカップに変えることもオススメです。

トースターはアルミカップの使用に適しているので両方ある場合はアルミカップ以外を電子レンジでアルミカップをトースターでと使い分けることも出来ます。

一度に温めたい時はアルミカップをシリコン素材に変えて電子レンジで温める事をオススメします。

詳しくは、『お弁当箱はレンジでチンしてOK? 蓋があかない時の対応とは?』の記事で紹介してますのでこちらもチェックしてみてくださいね!

まとめ

アルミカップは電子レンジやトースターで使っても大丈夫?お弁当を温めたい時必見!

  • アルミカップは素材が電子レンジの仕組みと合わないため不可です。
  • トースターはアルミカップの使用可です。
  • お弁当などでアルミカップを使う際は温めるときに分けて行うことをオススメします。
  • 分ける手間を省くにはシリコン素材のカップなどもオススメです。

何気なく日常的にアルミカップを使っていましたが素材と温める電化製品などの特徴によって安全に使えるか使えないかが解りました。

ぜひ、皆様も製品の故障や事故のないよう安全に使って頂けたらと思います。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。
少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

【スポンサードリンク】

こちらの記事はいかがですか?


このページの先頭へ