オーブンレンジでアルミホイルを使っても大丈夫?代用に使えるものってある?

オーブンレンジを使う時にアルミホイルを使用して良いのか悩んだ経験はありませんか?

なんとなく電気を使って高温になるオーブンレンジに対してホイルを使うのは危険なんじゃないか…と思ってしまいます。

バチバチ火花など飛び散ったりして、発火したりしないの!?爆発したりしないの!?と色々不安になってしまいますよね。

そこで今回はオーブンレンジを使う時に「アルミホイル」は使っても大丈夫なのか?もしダメだとしたら代用で使えるものはあるのか?をお話ししていきたいと思います。

【スポンサードリンク】

オーブンレンジでアルミホイルはそもそも使えるの?

◆「オーブンレンジ」と「電子レンジ」は別物!

皆さんは「オーブンレンジ」と聞いてどういうものなのか、パッと思い浮かびましたか?

そもそもオーブンレンジと言う名前に馴染みのない方もいると思うので先にお話ししていきたいと思います。

まず普通に定着がある方と言えば「電子レンジ」ですよね?

え!?電子レンジもオーブンレンジも同じものだと思ってた!と言う人も少なくないはず。

簡単に言うと電子レンジはオーブンレンジの先輩にあたります。

電子レンジの機能としては「温める」が基本とされています。

対するオーブンレンジは電子レンジの進化系で、温める機能+焼き目をつけられると言う機能性に優れたレンジです。

そこで疑問なのがアルミホイルが使われたものや何かに敷いて温めたい時に、オーブンレンジに入れて直接使っても良いのか?と悩みますよね。

◆オーブンレンジでアルミホイルは使えるのか

答えとしては、「オーブン機能を使いたい時には使用できる」です。

絶対にダメなのが「電子レンジ機能を使っている時に使用する」です。

オーブン機能と電子レンジ機能では温め方が違います。

電子レンジはマイクロ波を出して食品に含まれる水分を振動させて温める仕組みで、オーブンはヒーターを使って電磁波を出すことなく温められる機能なのでオーブン機能の時はアルミホイルを使用しても問題ありません。

でも電子レンジ機能の時に金属装飾が施された物を使うと火花が出てとっても危険なので、くれぐれも電子レンジ機能ではアルミホイルなどの金属装飾がされた食器やアイテムを使わないように気をつけて下さいね。

アルミホイルの代用で使えるものってある?

もしオーブン機能を使って何かを焼いて温める際、アルミホイルが無かった場合何か代用で使えるものってあるのかも知りたいですよね。

アルミホイルをあまり使わない家庭では、常備されていなくていざ使いたい時にない!と言うこともあります。

オーブンレンジを使う際アルミホイルの代用で使えるもの
  • クッキングシート
  • オーブンレンジについてくる天板(オーブン機能時のみ)
  • ホーロー容器

クッキングシートはお菓子作りをする人なら、クッキーを焼く時に使ったりして残っていると思います。

それから、オーブンレンジについてくる天板もオーブン機能時のみ使用できます。

あとはホーロー容器ですね。

ホーロー容器とは鉄・アルミなどの金属にガラス質を吹き付けて仕上げたもので、グラタンを作る時に使われたりします。

もしアルミホイルがなくて代用して何かを使いたい場合、「クッキングシート・天板・ホーロー容器」を使ってみて下さいね。

【スポンサードリンク】

まとめ

アルミホイルが使用できるか否かは「オーブンレンジでは使う機能によってアルミホイルは使えるが、オートモード(電子レンジ・オーブンレンジと切り替わるモード)や電子レンジの温め機能を使っている時は使用できない」と覚えておいて下さい。

ただしオーブン機能を使って焼き目をつけたり温める時はアルミホイルも使用できますし、代用品としてクッキングシート・ホーロー容器・天板が使えると知っておくと便利です。

くれぐれも電子レンジ機能でアルミホイルを使用しないようにして下さいね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください