キッチンタオルの使い方とは?キッチンペーパーとの違いやおすすめの収納方法もご紹介!

キッチンの必需品は様々な使い方が出来るキッチンタオル・キッチンペーパーですよね。

キッチンタオル・キッチンペーパーの違いやそれぞれの便利な使い方をご存知ですか?
それぞれの違い特徴に合わせて使い分けをしたらもっとキッチンで活躍します。

今回は意外と知られてない『キッチンタオルの使い方や、キッチンペーパーとの違いおすすめの収納方法』までご紹介します。

【スポンサードリンク】

キッチンタオルの使い方

皆さんはキッチンタオルは使っていますか?
最近はとても素敵な柄の商品も多数出ています。今回は布素材の商品の使い方などをご紹介致します。

吸水性・速乾性に優れているリネン・コットン素材の商品が多く販売されています。

①食器吹き

洗い終わった食器をそのまま自然乾燥させるのは実はせっかくキレイに洗った食器類に雑菌やウイルスが付着してしまう可能性があります。

なので清潔に保つためにも洗い終わったらすぐに拭いてしまうことをオススメします。

②手拭き

キッチンでは度々手を洗うことがあると思います。

調理や作業の合間に手を清潔にするために洗うので素早く水分を拭き取ってくれるリネン・コットン素材のキッチンタオルはとても最適です。

綿や他の素材の商品にに比べて速乾・吸収性はもちろん触り心地もとても良いので手荒れをしやすい方にもオススメです。

③鍋つかみ

リネン素材の商品は断熱性にもとても優れていますので、折りたたんで鍋つかみとして使用することも出来ます。

鍋つかみや熱いものを掴むのには使用できますが、鍋敷きなどに使うことはオススメしません。

④インテリア

リネン・コットン素材のキッチンタオルにはとても素敵な柄の商品が多数販売されています。
なのでインテリアとしても活躍できます。

ちょっとした額縁に入れて飾ってみたり、食器の下にひいたり、ホコリから守るために食器の上にかけておくだけでも素敵な柄が見えてキッチンがよりいっそうオシャレな空間になります。

収納方法は湿っている状態の場合は突っ張り棒などを利用して吊るしておく事がオススメです。乾いている状態の時はキレイに畳んで引き出しなどで収納をオススメします。
清潔に保つためにもこまめに洗濯をして使用します。

洗濯が必要だったり使用中もきちんと乾燥させないといけなかったりと少々手間はかかりますがコスト的には使い捨てのキッチンペーパーよりは割安です。

キッチンペーパーの使い方

キッチンペーパーは厚手で丈夫なうえに使い捨てが出来るので手軽でとても便利です。
幅広い使い方をご紹介致します。

①食器吹き

紙製品ですが吸水性、耐久性に優れているので洗いあがった食器を清潔に保つために水分を拭き取る事が出来ます。

②落し蓋

紙製品ですが、熱にも強いのでお料理の際に落し蓋としても利用できます。

③水切り

吸水性・耐久性に優れているので食材の水切りにも最適です。

④油こし

吸水性・耐久性・熱にも強いので油こしにもオススメです。

⑤拭き掃除

キッチンの頑固な油汚れなど使い捨てのキッチンペーパーだからこそ気軽に拭き掃除に使えます。
厚手で丈夫なので隅々まで掃除出来ます。

収納方法はロール状になっている商品は棒状のものに吊るしたり立て置いておくと使いやすいです。
ボックスに収納できるタイプあります。

使い捨てな分手軽ですがコスト的にはキッチンタオルより少し割高です。

【スポンサードリンク】

まとめ

キッチンタオル・キッチンペーパーの違いや使い方収納方法

  • キッチンタオルは食器拭きやインテリアとしても使える清潔に保つためこまめな洗濯が必要
  • キッチンペーパーは食器拭きや料理の下ごしらえ・清掃にも使える使い捨てで気軽に使用できる
  • キッチンタオルは清潔を保つため使用中のものは乾燥できるようにして下さい。
  • キッチンペーパーは吊るしたり、ボックスタイプなど様々な収納方法があります。

今回はキッチンの必需品キッチンタオル・キッチンペーパーについてご紹介致しました。

似ているようで色々調べてみるとそれぞれの特徴があるので用途や頻度などに合わせて使い分けるのも良いと思います。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。
少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください