コットン生地の洗濯方法とは?季節は夏?特徴についてもご紹介!

皆さんは洋服などを購入する際何で選びますか?

私はデザイン性なども大事なのですが素材・生地も選ぶポイントの一つになります。

コットン生地はとても着心地が良いので好んで選びます。

今まで触り心地や何となくで買っていたコットン生地の洋服などですが、正しい洗濯方法などはあるのかな?ちょうど良い季節ってあるのかな?そういえば特徴はなんだろう?気になる事が次々出てくることもありますよね。

今回は『コットン生地の洗濯方法とは?オススメの季節や特徴』について調べてみました。

【スポンサードリンク】

コットン生地とは?

綿・木綿の事を英語でコットンと言います。

コットンは木綿植物の種子の周りに付いています。
クリーム色の花が咲いた後大きな実になりそれが割れると中から真っ白なコットンの繊維が出てきます。

その繊維で糸を紡いでコットン生地を作っていきます。

コットン生地の洗濯方法は?

一般的にコットン生地は丈夫で耐水性がありアルカリにも強いのでお家で洗濯も気軽に出来る製品が多いです。

ただコットン生地のジャケットやパンツ類などデリケートな扱いをした方が良い商品もあります。

色落ちがしやすかったり、シワが出来ると取れずらいなどの性質もあるのでお気に入りのお洋服を永く楽しむためにもお洗濯のポイントをお伝えしたいと思います。

①絵表示の確認

洗濯機マーク・手洗いマークが付いていたら水洗いできます。

②色落ちテスト

コットン生地は色落ち、色移りしやすい素材です。

初めて洗う場合は衣類の目立たない所に使用する洗剤をつけてし5分ほど置き白い布などで押さえて確認します。

もし色落ちしやすい事が解ったら単独で洗いなるべく短時間にして下さい。
お湯は使わないようにして下さい。

③洗い方

洗濯ネットに表向きにして畳んで入れて下さい。

手洗いをするか洗濯機のコースの手洗コースいか弱水流で洗うのがオススメです。

手洗いをする際は決してゴシゴシと揉み洗いをしないで押し洗いで優しく洗って下さい。

④脱水

脱水時間は短くして下さい。

⑤干し方

型崩れを防ぐために丁寧にシワをのばしてから平干しをして下さい。

【スポンサードリンク】

コットン生地のオススメ季節

コットン生地は基本的に通年楽しいんで頂ける素材です。

でも、デザインやアイテムによっては季節を選んだほうが良いものもあります。

例えばジャケットやパンツは春・夏が定番です。
着心地が軽やかでゆったりと着れるので少しづつ汗ばんでくる季節に最適です。

色味によってはアウターで調節をする機会が多い秋もオススメです。

コットン生地の特徴は?

コットンは沢山の地域で生産されています。
日本でも衣類用の繊維で約4割ほどを占めています。

コットン生地のメリット

  • 肌さわりがとても良い。
  • 吸水性に優れている
  • 通気性が良い
  • 水やアルカリに強い

着用にもお手入れにも優れているので幅広い商品に使われています。

コットン生地のデメリット

  • 縮みやすい
  • 毛羽立ちしやすい
  • 色落ちや色移りしやすい
  • シワになりやすい

手軽で馴染みやすいコットン生地ですがアイテムによってはデリケートな扱いが必要になります。

まとめ

コットン生地の洗濯方法、オススメの季節や特徴

  • コットン生地は身近な素材ですが、アイテムによってはデリケートな扱いが必要です。
  • 吸水性や通気性にとても優れているので春夏に最適です。
  • アウターで温度調整をする事が多い秋にもオススメです。
  • メリットは肌さわりが良く吸水、通気性に優れています。
  • デメリットは縮みやすく、色移りしやすい性質もあります。

今回は衣類の繊維でとてもメジャーなコットンについて調べてみました。
肌さわりが良く天然の植物繊維なので赤ちゃんから高齢の方まで幅広く愛用して頂ける素材の1つです。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。
少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください