IHクッキングヒーターとは?使い方をおさらい!土鍋は使えるの?

最近では、IHクッキングヒータを使っている家庭が増えてきていますが、IHクッキングヒーターとは、どのような仕組になっているのか、どんな特徴があるのでしょうか?

初めて使う人のとってはガスコンロと使い方が違うので戸惑うかもしれません。

それに、IHクッキングヒーターで使える鍋は専用の物しか使えないとよく耳にしますが、どんな物なら使えるのか。

冬にお鍋料理に欠かせない土鍋は使えるのか、いろいろ知りたいことがあると思います。

そこで今回は、IHクッキングヒーターとは何なのか、正しい使い方を紹介します。

更に、IHクッキングヒーターに使える物や土鍋にも対応しているのかも踏まえて紹介します。

【スポンサードリンク】

IHクッキングヒーターとは

IHクッキングヒーターとは、火を使わず電気だけを使って鍋やフライパンなどを熱くして調理することができる器具です

IHクッキングヒーターのプレートの中にはコイルが入っていて、そのコイルに電流を流す磁力線が発生します。

この磁力線が鍋底を通る際に起こる電気抵抗により熱を発生させているのです。

特徴

調理する時に火が出ないため、夏場のキッチンでも快適に過ごせますし、火事になることもありません。

また、トッププレートは、凹凸がないためふきこぼれてもサッと拭き取れお手入れが簡単です。

ただし、どんな鍋でも使えるわけではなく、IH対応の鍋しか使えません

IHクッキングヒーターの使い方

正しい使い方

IHクッキングヒーターを使用する際に鍋やフライパンを置いていない状態でスイッチを入れたとしても、基本的には稼働し始めません。

鍋もしくはフライパンを置いてからスイッチを入れるようにしましょう

また揚げ物をする時は、通常の加熱ボタンで調理してしまうと、油が発火する温度まで上昇し、火災の原因にもなります。

揚げ物をする時は、揚げ物専用ボタン使いましょう。

また、IHクッキングヒーターは使えない鍋やフライパンがあります。

買う時は、「IHクッキングヒーター対応」と書かれている物を購入しましょう。

気を付けること

プレート部分と調理器具の相互関係により温まります。

プレート部分が汚れないように、カバーなどを敷くという方もいると思いますが、その間にカバーを敷いていると温まりにくくなるので、敷かないようにしましょう

また、使った後はプレーと部分が熱くなっているので触らないようにしましょう

【スポンサードリンク】

IHクッキングヒーターで土鍋は使えるの?

先程、IH対応の鍋やフライパンしか使えないといいましたが、では土鍋は使えるのか気になりますね。

土鍋は土から作られていて、土は磁石につきません

ですので、土鍋はIHクッキングヒーターでは使えません。

しかし、例外があります。

土鍋の底にIHヒーターに反応する金属のプレートをくっつけたものや、底面に特殊な肉厚カーボン製発熱体を組み込んだタイプがあります。

この土鍋ならIHクッキングヒーターでも使えます。

まとめ

IHクッキングヒーターとは?使い方をおさらい!土鍋は使えるの?

  • IHクッキングヒーターは、電気抵抗により熱を発生させている調理器具である。
  • IH対応の鍋やフライパンを置いてからでないと使うことができない
  • 揚げ物をする時は、揚げ物専用ボタンを使わないと火災の起こす恐れがある
  • 土で出来ている一般的な土鍋は使えないが、IH専用土鍋なら対応可能である

今回は、IHクッキングヒーターの使い方や注意点、土鍋は使えるのかついて調べてみました

IHクッキングヒーターは、電気抵抗によって使える調理器具です。

そのためIH対応と書かれている物でないと使うことはできませんが、今では、IHクッキングヒーターの需要が増え、それに対応している鍋(土鍋)やフライパンなどが多く販売されています。

少しずつIH対応の調理器具をそろえていろんな料理を作ってくださいね。

電気コンロについては、『電気コンロとは!使い方のコツについてご紹介!フライパンや土鍋にも対応してるの?』の記事で紹介してますのでこちらもチェックしてみてくださいね!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

スポンサードリンク

こちらの記事はいかがですか?


このページの先頭へ