トイレ掃除の頻度について!洗剤は重曹とクエン酸、どちらがおすすめ?

正直なところトイレ掃除はしたくない家事ベスト3に入る人が多いようです。

しかし、トイレは毎日使う場所なので掃除しないと汚れがたまってきます。

世の中の主婦は一体どれくらいの頻度でトイレ掃除をしているのか?そしてベストな頻度とはどれくらいなのか?

また、トイレ掃除のときに使う洗剤は、重曹やクエン酸のどちらがおすすめなのかも気になりますね。

そこで今回は、トイレ掃除の頻度についてや掃除する時には重曹かクエン酸のどちらがおすすめなのかについて紹介します。

【スポンサードリンク】

トイレ掃除の頻度は?

トイレは汚れがたまりやすいので毎日掃除したいところですが、そうなると大変ですね。

まずは、「汚れになる前に掃除をすること!」です。

トイレは毎日使うので、使用した後に、汚れに気づいたらトイレットペーパーなどでサッと拭き取る習慣をつけるだけで、大きく変わります。

そうすることで、汚れがこびりつくことがないので、洗剤で掃除する頻度は1週間に1回ですみます。

トイレ掃除を楽に済ませたいなら、週に1回はトイレ全体をお手入れしましょう。

トイレ掃除の洗剤は、重曹かクエン酸かどちらがおすすめ?

汚れにはアルカリ性(水垢や湯垢)と酸性(油汚れ)があります。

トイレの主な汚れはアルカリ性です。

アルカリ性の汚れは、酸性と中和することで落とすことができます

重曹

重曹とは炭酸水素ナトリウムのことで、アルカリ性になります。

重曹は、水に溶けにくい性質を持っています。

トイレの主な汚れはアルカリ性なので、中和することが出来ないため汚れが落ちません

ただ、便の汚れは酸性の汚れになるので、トイレ掃除にも重曹が有効です

重曹は研磨効果があるため、重曹を便器に振りかけて擦ることで傷になることもあるので注意が必要です。

クエン酸

クエン酸は、酸性になります。

尿石の汚れとは、尿中に溶けているカルシウムイオンが濃縮したり炭酸などと反応するとカルシウム化合物となって便器のふちや配管などに黄色や茶色のこびりつきとなって付着するおぞましい汚れです。

便器のふちなどに付く尿石汚れはアルカリ性の汚れですので、クエン酸が有効になります

※トイレ掃除の場合、便器の尿石汚れや水垢の汚れがほとんどですからクエン酸での掃除が主となります。トイレ掃除に限っていうならば重曹のみでは多少弱いといえます。

【スポンサードリンク】

重曹、クエン酸を使った掃除方法

トイレの汚れの掃除にはクエン酸がおすすめです。

重曹には脱臭効果が期待できます。

トイレ掃除には、重曹とクエン酸と合わせて掃除するとより効果的です

表面の汚れには重曹とクエン酸のスプーレーで

重曹やクエン酸を水で薄めてスプレーボトルで使います

用具はスプレーボトル2本用意します。

重曹水は、500mlのぬるま湯に重曹を30g(大さじ2杯)。

クエン酸水は500mlのぬるま湯に12.5g(大さじ1杯弱)を入れて溶かして使います。

この時、重曹とクエン酸を混ぜてスプレーを作るということではありません。

まずは汚れが気になるところにクエン酸スプレーをして汚れを落とします。

その後、重曹スプレーをかけて拭きとるとよいでしょう。

頑固な汚れにはクエン酸ペーストで

便器のふち裏のがんこな汚れにはクエン酸ペーストを使います。

クエン酸と水を混ぜてペースト状にしたものを、トイレットペーパーに乗っけてふち裏に貼りつけてしまいましょう。

しばらく放置するとクエン酸ペーストが固まります。

固くなったクエン酸もブラシできちんと洗い流してくださいね。

きちんとしたトイレ掃除用具ブラシでなくても使い終わった歯ブラシでも大丈夫です。

便器の奥のひどい汚れには重曹とクエン酸の泡で

重曹とクエン酸を混ぜることで化学反応が起き発泡します

この強力な泡が便器の奥やがんこな汚れに即効性があります。

重曹を90g~180gを便器の中にまんべんなく振りかけます。

そして、便器の水のたまる部分に200mlのお湯にクエン酸5gを溶かしたクエン酸水を流し入れます。

そうすると勢いよく発泡しひどい汚れが落ちます。

まとめ

トイレ掃除の頻度について!洗剤は重曹とクエン酸、どちらがおすすめ?

  • トイレ掃除の頻度は1週間に1回することをおすすめします
  • 主にトイレの汚れは水垢や湯垢のアルカリ性が多いので、酸性のクエン酸を使う方が汚れが落ちる
  • 便などの酸性の汚れには重曹の方が良い

今回はトイレ掃除の頻度やトイレ掃除する際には重曹かクエン酸のどちらがおすすめなのかついて調べてみました。

トイレ掃除には、「重曹」と「クエン酸」で汚れを落とせるということがわかっていただけたと思います。

それぞれ正反対の性質をもつ2つの代表的な洗剤が、合わせるとさらに強力になり、除菌にも消臭にも効果があります。

重曹、クエン酸ともに無臭なので、トイレ掃除の時に塩素系漂白剤の匂いがつらくてというような方も安心して使用できるでしょう。

重曹とクエン酸を使うと、毎日のお掃除が楽しくなること間違いなしです!ぜひ試してみてくださいね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください