すりおろし玉ねぎが苦い時の改善法とは?冷凍保存の方法や期間もご紹介!

玉ねぎは万能なお野菜の中でも比較的値段も常に安定していてとても使い勝手の良いお野菜ですよね。

炒めたり、煮たり、スライスなど色々な調理法などがありますが、味のアクセントになってとても美味しいすりおろし玉ねぎが私は大好きです。

オニオンソースとしてはもちろちょっとした炒め物に混ぜるだけで味に深みが出ます。お料理がワンパターンになりがちな時にすりおろし玉ねぎはとってもオススメです。

すりおろし玉ねぎは甘みがポイントだと思うのですがたまに苦い時ってありませんか?そのまま使ってしまうとお料理全体に苦味が廻ってしまはないかとても心配になります。

今回は『すりおろし玉ねぎが苦いときの改善法とは?冷凍保存の方法や期間』などすりおろし玉ねぎをより便利に使って頂ける情報をご紹介させて頂きます。

【スポンサードリンク】

すりおろし玉ねぎが苦い時の改善法とは?

血液がドロドロになってしまうと生活習慣病のリスクもとても高まりますが、玉ねぎはとても栄養価が高く、しかも血液をサラサラに改善してくれる成分が含まれています。

その成分が玉ねぎの辛味・苦味として私たちの味覚に感じます。
身体にとても良くお料理のレパートリーも広げてくれる玉ねぎを苦味を押さえて食べたいですよね!

改善法 ①少しだけ加熱する

すりおろし玉ねぎをなるべく平らになるようお皿に広げて電子レンジで1~3分ほど加熱してみて下さい。

絶対に生でなければ駄目な時にはこの方法は使えませんが、電子レンジで加熱してもしっかり中まで熱が入るわけではないので、ドレッシングなど生で使う時でも苦味が強いときは様子を見ながら電子レンジで加熱をすると苦味が消えて甘みがまします。

改善法 ②りんごやレモンで味を整える

上記で説明した方法は少なからずともすりおろし玉ねぎに熱が加わります。

熱を加えたくない時はすりおろし玉ねぎにすりおろしりんごやレモン果汁を少量いれると苦味が消えます。

味を左右するほど入れる必要はないので、ドレッシング作りなどで生で使いたいときはもちろん、タレやソースを作り際にはよりコクがまして美味しく仕上がります。

改善法 ③しばらく置いておく

時間に余裕がある場合はなるべく平らなお皿にすりおろし玉ねぎを広げてラップをせずにキッチンに置いておいて下さい。

玉ねぎの苦味成分は空気に触れると壊れていきます。

なのでしばらく置いておくと辛味成分は飛んでいきます。置いておく時間はそれぞれなので確認しながら置いてみてください。

途中で混ぜてより多く空気に触れさせると早く苦味が消えていきます。

【スポンサードリンク】

冷凍保存の方法・期間は?

冷凍方法

すりおろし玉ねぎの冷凍方法でオススメが、製氷皿に入れて小分けにして冷凍する方法です。

保存袋などですとしっかり固まるまで液漏れの心配もありますし、その他の容器での冷凍だと使用するときに使いきれない量だと困ってしまします。

なので使い切りやすいサイズの製氷皿での冷凍方法がオススメです。

保存期間

冷凍は冷蔵より保存出来る期間は長くなりますがやはり劣化は少しづつ進んでいきます。
特に水分の多いすりおろし玉ねぎは要注意です。

美味しく頂くには1ヶ月ほどをめどに召し上がって下さい。

まとめ

すりおろし玉ねぎが苦い時の改善法とは?冷凍保存の方法や期間もご紹介!

  • すりおろし玉ねぎの苦味をとる方法は電子レンジで少し加熱をする
  • すりおろし玉ねぎの苦味をとる方法はりんごやレモン果汁を少し混ぜる。
  • 苦味をとる方法は空気に触れさせる。
  • オススメ冷凍方法は製氷皿で冷凍する。
  • 冷凍保存の期間は約1ヶ月程がオススメ。

健康にも良くお値段も安定の家計の味方玉ねぎ、すりおろし玉ねぎにしても苦味なく美味しく食べれる方法をいくつかご紹介させて頂きました。是非、参考にしてみて下さい。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

【スポンサードリンク】

こちらの記事はいかがですか?


このページの先頭へ