清酒と日本酒の違いとは!どちらも料理に使える?料理酒の代用として使って良いの?

料理に欠かせない調味料の1つがお酒(日本酒)ですよね。

和食はもちろん中華や洋食にも料理酒を入れる事によって臭みを取ってくれたり味に深みが出たりと幅広く使えます。

私はお酒を呑むのも好きなのですが、日本酒も好んで呑みます。

良く聞く清酒、日本酒って違いがあるのかフッと疑問に思い出したら料理酒はどうなのか清酒と日本酒だと料理酒の代用には使えるのか?

次々気になって今回は『清酒と日本酒の違いは?どちらも料理に使えるのか?料理酒の代用として使って良いのか?』などなど調べてみました。

【スポンサードリンク】

清酒と日本酒の違いは?

清酒とは

日本酒の一部です。日本酒の中で濁りのない透き通ったお酒の事です。

日本酒の中には濁り酒などもあるのでそれと区別するために清酒と言います。

日本酒とは

お米と麹、水を原料として日本特有の製法で醸造されるお酒の事です。

料理酒とは

お酒として飲用出来ないよう料理用に食塩やお酢などを加えてある製品です。

清酒は日本酒の一部なので違いはありません。

清酒・日本酒料理に使える?

清酒は日本酒の一部です。
一般的に売られている料理酒は日本酒に塩やお酢を加えて調味してある製品の事を言うので清酒でも日本酒でも料理酒の代用として使えます。

料理酒は酒税がかからないようにもなっているので安値で購入出来ます。

清酒、日本酒で調理した方が味がコストはかかりますが塩・お酢などで調味されていない分味のコントロールがしやすいので素材そのもの味を楽しめます。

【スポンサードリンク】

まとめ

清酒、日本酒の違い・料理酒に代用できるか?

  • 清酒は日本酒の一部です。なので違いはありません。
  • 料理酒は日本酒にあらかじめ塩・お酢なでで調味してある製品の事です。
  • 清酒、日本酒は料理酒の代用出来ます。コストは高くなりますが味のコントロールがしやすいです。

日本古来の手法で製造されている清酒、日本酒について調べてみました。

日本酒のなかにも濁り酒などもありますが清酒は透明な日本酒です。

お料理の際に欠かせない調味料の料理酒ですが、酒税がかからないようコストを抑えるため塩やお酢などで調味して販売されています。手軽に使えるのが料理酒で清酒、日本酒でももちろん代用が出来ます。

コスト面は高くなりますが、塩やお酢などで調味されていない分ご自身で味のコントロールが出来ます。

そのまま呑んでも楽しめ料理にも味の深みを出してくれえる日本のお酒、清酒、日本酒をもっと活用していきたいと思います。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。
少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください