保存容器に向いてるのは【ガラス・プラスチック・ホーロー】どれが良い?冷凍やしっかり密閉できるものをご紹介!

今は冷凍保存や作り置きなどが流行っていますが、保存する時に必要な容器ってお店にも沢山売られていてどれにしたら良いのか迷ってしまいませんか…?

主に「ガラス・プラスチック・ホーロー」が使われていて、それぞれが持つ特性や向き・不向きな保存の仕方などがあります。

それから冷凍庫に入れてずっと保存をしておきたい場合や、乾燥や匂いなどを防ぐためにしっかり密閉されている容器なども知っておきたいですよね。

今回は保存容器に向いているのは「ガラス・プラスチック・ホーロー」の3つでどれなのか?それぞれの特性と、冷凍に向いているのはどれか?しっかり密閉できるのはどれか?も合わせてご紹介します。

【スポンサードリンク】

【ガラス・プラスチック・ホーロー】の特徴をご紹介!

保存をする代表容器は「ガラス・プラスチック・ホーロー」の3つが挙げられます。

でもそれぞれの素材が持つ特性を知っておかないと、使い道に困ってしまいますよね。

それぞれの特性を簡単にまとめてみたので、参考にして下さい!

ガラスの特徴

ガラスの特徴として、

  • 外から見て何が入っているかが分かりやすい
  • 酸や塩分に強いので匂いうつりがしにくい
  • 耐熱性のもの(バイレックスなど)ならレンジやオーブンも可能

◆プラスチックの特徴

プラスチックの特徴として、

  • 安く手に入る
  • 軽いので落としても割れない
  • 積み重ねられる
  • 酸・アルカリ・油にも強い
  • 電子レンジが使える物が多い

◆ホーローの特徴

ホーローの特徴として、

  • 雑菌の繁殖の心配が無くなる
  • 酸や塩分に強いので匂いうつりしにくい
  • 直火も可能
  • 冷却性に優れている

冷凍に向いているのは?しっかり密閉できるのはどれ?

◆冷凍に向いているのはどの容器?

ガラス・プラスチック・ホーローの中で1番冷凍保存に適しているのが「プラスチック」です。

解凍する時にレンジを使うため、低温でも耐えられレンジの熱にも耐えられるプラスチックは利便性に優れています。

ホーローはレンジがNGですし、ガラス容器も本体はレンジ解凍可能でも蓋が対応していない事もあり冷凍に関する条件からいくと適しません。

プラスチックは匂い移りなども気になりますが、容器内にラップを敷いてから保存すればそこまで匂いうつりせずに使えます。

◆しっかり密閉できる容器はどれ?

やはり保存することを考えた時に1番必要なことは「乾燥から守り、衛生的に保てること」ですよね。

食材は空気に触れれば触れるほど菌なども繁殖しやすく傷みやすくなるので、しっかり密閉できないと保存には適しません。

そこでオススメなのがまたしても「プラスチック」。

プラスチック密閉保存容器としてセット売りなどもされていて、パッキンが付いていて汁漏れしない作りになっているので洗うのは少し大変ですがしっかり密閉できます。

◆結果どの保存容器が保存に向いているの?

結果としてどの条件にもある程度当てはまっているのが「プラスチック」でした。

ガラスは落とした時が怖かったり、ホーローの場合はレンジ不可なので使い勝手が良くない部分もあります。

ですがプラスチックはどんな用途や条件でも比較的使いこなせるので、1番利便性に優れているという結果になりました。

【スポンサードリンク】

まとめ

結果としては「プラスチック」が1番密閉にも適していて、冷凍にも向いていることがわかりました。

ただし他の容器もそれぞれが持つ利便性があるので、用途によって使い分けると良いですね。

ぜひ参考にしてみて下さいね!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください