ポリエステル生地の特徴についてご紹介!しわを伸ばす正しいアイロンがけとは?デメリットは臭い?

衣類によく使われているポリエステル生地は、丈夫でしわになりにくいという特徴をもっており、とても便利な素材ですよね。

しかし、よいことばかりではなくデメリットも。

洗濯しても臭いがとれない、一度しわがつくと戻りにくいんだけどアイロンがけしても大丈夫?と悩んでいる人もいるようです。

そこで、今回は、ポリエステル生地の特徴やメリット、デメリットを説明します。また、しわを伸ばすアイロンがけ方法や臭いをとる方法もふまえて説明していきます。

【スポンサードリンク】

ポリエステル生地の特徴

化学繊維の中でも合成繊維に分類されるポリエステル。

石油から生成した原料を溶解し、糸状に押し出して繊維を作るので、形状加工は自由自在にできます。

ポリエステルは、混紡や撚り合せをすることで強度の高い糸を作ることができます。

そのため、しわになりにくく、縮みにくくなります

衣類では綿素材との混紡でセーターやワイシャツ、ユニフォームなどに使用されます

ポリエステル生地のしわを伸ばす正しいアイロンがけ方法

ポリエステルは、一度しわになってしまうとなかなか直りにくいです。

そんな場合は、アイロンをかければいいのではと思いますが、熱に弱いという印象があるためアイロンがけしても大丈夫?と思うかもしれません。

でも大丈夫ですよ。下記のアイロンがけ方法を守ればしわは綺麗になります

アイロンがけ方法

アイロンの温度は、160℃を限度とし中温~低温に設定をして、ドライでアイロンをかけます。

テカリ防止の為に当て布をしてアイロンをかけましょう。

複数の繊維が混紡されている場合、アイロンの温度は、もっとも低い繊維に合わせます。
例えば、綿とポリエステル混紡の衣類ならば、低い方のポリエステルの温度に合わせるようにします

アイロンがけのコツ

衣類のしわを伸ばしてアイロン台の上に置き、アイロンを持たない方の手で、布を押さえたり、縫い目を引っ張ったりして一方方向にアイロンをゆっくりと動かします

アイロンをかけたあとは、しばらくハンガーにつるして、熱や蒸気を飛ばしてから、タンスにしまいましょう。

【スポンサードリンク】

ポリエステル生地メリット、デメリット

ポリエステル生地のメリットは・・・

●速乾性が高く乾きが早い

●洗濯しても縮みにくく、しわになりにくい

●型崩れしにくい

●丈夫で長持ちする

●強さに優れた繊維

ポリエステル生地のデメリットは・・・

●吸湿性が少ない

●静電気が起きやすい

●汚れると落ちにくい

ポリエステル生地の服を着ると臭くなる?その原因は?

とくに腋臭体質でなくても、ポリエステル素材の服を着て脇汗をかくと臭くなるという人が多いようです

ポリエステル生地は、速乾性が高く、さらさらして着心地はよいのですが、吸収性がありません。

ポリエステルは汗を吸収するのではなく、汗を外へ出す効果があります。

だからポリエステル素材の服や下着は、汗が肌に残ってこもってしまい、 雑菌が繁殖してしまいます

それが独特の臭いの原因になります。

まとめ

ポリエステル生地の特徴についてご紹介!しわを伸ばす正しいアイロンがけとは?デメリットは臭い?

  • 強度の糸で作られており、綿素材との混紡で作られている
  • 洗濯しても型崩れや縮みにくく、しわになりにくい
  • 吸湿性が少なく、静電気が起こりやすい
  • 汗がこもってしまい衣類が臭くなりやすい
  • アイロンがけは160℃以下の温度で当て布をしてドライアイロンでかける

今回はポリエステル生地について調べてみました。

ポリエステル維持には、メリットやデメリットがあります。

その特性を知って上で、洗濯やアイロンがけに気を付ければ衣類が長持ちします。

また、特に汗をかくと臭いが付きやすいので夏は綿素材の物を、冬にポリエステルが入っている物というように使い分けて着用するとよいかもしれませんね。

ポリエステルと似た生地のキュプラとの違いについては『キュプラとポリエステルの違いとは?涼しい素材やしわがつきやすいのはどっち?』の記事で紹介してますのでこちらもチェックしてみてくださいね!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

スポンサードリンク

こちらの記事はいかがですか?


このページの先頭へ