ホットプレートで焼肉を美味しく作るコツとは?弱火が良い?温度設定は?

今やキッチングッズで欠かせない物の1つ”ホットプレート”。手軽に美味しく焼き肉などをご家庭で楽しみたい時にとても便利ですよね。

ホットプレートがあれば手軽に焼き肉が楽しめるのは嬉しいのですが美味しく食べるにはコツが必要かも。皆さんは温度設定など、どうしてますか?

強火・弱火?弱火のほうが良いのかななどの温度設定は大事だと思います。

ホットプレートは様々な料理を楽しめる調理器具ですがやはり料理内容によって適した温度設定があると思います。

焼き肉を美味しく作る時の最適な温度設定が解ればもっと手軽にお家焼き肉が楽しめますね!

今回は『ホットプレートを使って焼き肉を美味しく作るコツ、温度設定は弱火が良いのか』等について調べてみました。

【スポンサードリンク】

ホットプレートとは?

電気を使って調理する器具です。ガスレンジで調理するのとは違って食卓テーブルで調理したまま食事を楽しめるのが魅力の調理器具です。

ホットプレートは様々な料理を楽しめます。

・焼き肉
・焼きそば
・お好み焼き
・もんじゃ
等などたくさんあります。
家族やお友達など大勢で楽しむのにやはり人気なのが”焼き肉”ですよね。
せっかく皆で楽しむ焼き肉コツをつかんで美味しく食べたいでよね。

ホットプレートを使って焼き肉を美味しく調理するコツは?

1.温度設定は?

ホットプレートで美味しく焼き肉を食べるコツは…

まずお肉を焼く前にきちんとホットプレートを温めておいて下さい。

温度は200℃くらいが適温です。

目安としては鉄板から15cmくらい離して手をかざします、6~7秒耐えられるくらいが適温です。

ホットプレートには温度を保てる機能がついてますので必ずお肉を焼く前に200℃で温度設定をして温度が上がったか確認をして下さい。

2.お肉に触れる回数は?

ホットプレートで美味しく焼き肉を食べるコツは…

肉汁を出来るだけこぼさないようにする事です。

そのためにはついやってしまいがちな焼いている最中に何度もお肉に触れる事をしないようにする事です。
お肉に触るのはホットプレートに乗せるとき・ひっくり返すとき・食べるときの3回程度がベストです。

3.お肉をひっくり返すタイミングは?

ホットプレートにお肉をのせてひっくり返すタイミングは焼いている側のお肉が色が変わりだし、焼いていない側のお肉の表面に肉汁が浮かびだしてきたら良いタイミングです。

このタイミングを逃し肉汁が浮かびあがりすぎてしまうと焼過ぎになってせっかくの肉汁もこぼれてしまいます。

【スポンサードリンク】

まとめ

  • 設定温度は200℃がベストです。弱すぎは肉汁がこぼれてしまうし強火はこげの原因になります。
  • うまみ成分の肉汁をこぼさないためにもお肉に触れる回数は3回ほどがベストです。
  • ひっくり返すタイミングで肉汁をこぼさないように注意して下さい。

焼き肉は大人から子供まで大好きなスタミナ料理でよね。外で食べるのもいいですが手軽にホットプレートで美味しく食べられたらとっても嬉しいです。

今回はちょっとしたコツでホットプレートでも美味しく焼き肉を楽しめるポイントをまとめてみました。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください