トマトピューレの代用品とは?ケチャップとトマトジュースどちらが良い?使い方も一緒にご紹介!

皆さんはトマトピューレを使ったお料理はよくされますか?私はトマトが大好きなのでよく作ります。
トマトピューレはトマト料理をするのにとても便利ですよね。

トマトは美容にも健康にもとても良い食材です。

上手に取り入れて活用していきたいです。
トマトピューレを買わずとも代用品はないかな、と考えてみました。

大体冷蔵庫に常にあるケチャップや、贈り物などで頂いて飲みきれないで残っているトマトジュースなどがあることに気がつきました。

今回は『トマトピューレの代用には、ケチャップとトマトジュースどっちが良い?そして使い方とは?』についてまとめてみました♪

【スポンサードリンク】

トマトピューレとは?

トマトピューレとはトマトを煮込んでピュレ(裏ごし)して作る食材の事を言います。
煮詰めて水気を飛ばして濃縮した商品もあります。

しっかりピュレされたものやあえてトマトの形を少し残したもの等がありお料理の内容等によって使い分ける方が多いです。

トマトピューレの代用、使い方とは?

調味料の定番として冷蔵庫に入っているケチャップと買ってきたり頂いたりするトマトジュース。
意外に残っている場合ありますよね?

ケチャップは?

ケチャップはトマトピューレに砂糖、食塩、酢やハーブ玉ねぎ、セロリといった様々な食材をまぜて低温でじっくりと煮詰めて作る調味料です。

つまりトマトピューレの代用品にはあまり適していません。
ケチャップでそのまま代用してしまうとかなり味が濃くなってしまいます。

作るお料理の内容にもよりますが濃くなるのを薄めようとするとかなり水分が多くなってしまします。
ケチャップで代用する場合はその分味を薄めにしたり水分量の調節が必要です。

トマトジュースは?

トマトジュースとはトマトを潰して搾って裏ごしをし皮や種を取り除いて作った飲み物です。

食塩が入っているタイプと入っていないタイプがあります。

食塩が入っていないタイプであればケチャップよりは適している感じがしますが、注意すべき点があります。

先ほど同様、作るお料理の内容によるのですがジュースの場合搾って裏ごしをしているだけで煮詰めていないのでトマトピューレよりも水分は多いです。

そのまま代用するのではなくトマトジュースをある程度煮つめてから使うことをオススメします。

【スポンサードリンク】

まとめ

  • トマトピューレとはトマトをお水で煮込んだ食材で味は付いていません。
  • ケチャップは単体で調味に使えるようしっかり味が付いているので代用品には向いていません。
  • トマトジュースは食塩不使用で味の付いてない物もありますが煮込んでいない分水分が多くなってしまいます。
  • 今回トマトピューレの代用品で調べた結果、ケチャップもトマトジュースも代用するならお料理の内容によります。

    ケチャップの場合味が付いている分他の工程の味付けを差し引くやトマトジュースの場合煮詰める等、多少の工夫が必要な事がわかりました。

    トマトピューレとトマト缶の違い、作り方などについては、『トマトピューレとトマト缶の違いとは?重量や作り方についてもご紹介!』の記事で詳しく紹介してますので、こちらもチェックしてみてくださいね。

    それでは最後までお読みいただきありがとうございました。
    少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

    スポンサードリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください