セカンドピアスのおすすめの太さとは?正しい選び方や期間について!


ピアスをあけてから初めてつける、ファーストピアスはよく耳にしますが、セカンドピアスがあるのはご存知ですか?

せっかく開けたのに膿んでしまったり、ピアスホール(穴)がきれいな形で安定しないのは嫌ですよね。

実はあまり知られていないセカンドピアスですが、理想の太さや素材があり、ピアスホールをきれいに仕上げる重要な役割を果たしてくれます。

ファーストピアスを外してすぐにお気に入りのピアスをつけたら膿んでしまった、ファーストピアスを外しても良い時期だけどまだ安定してるかわからなくて不安!という方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなセカンドピアスのおすすめの太さや選び方、期間についてご紹介します。

これからピアスをあけようという方や最近あけたばかりという方は是非参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

セカンドピアスとは??

名前の通り、ファーストピアスを外した次につけるピアスのことです。

ファーストピアスからセカンドピアスに変える時期の肌はとても傷つきやすく、赤ちゃんの肌のように壊れやすいため、セカンドピアスの正しい選び方が重要になってきます。

セカンドピアスに変えるタイミングや期間

ファーストピアスからセカンドピアスに変えるタイミングは、体質により個人差がありますが、耳たぶの場合は平均的にピアスホールをあけてから大体1〜2か月ほど経った頃です。

また軟骨などの他の部位だとさらに長い半年〜1年ほどかかると言われています。
1〜2か月はファーストピアスをつけたままにし、ピアスを抜き差ししてみて痛みや皮膚の赤みがなくなったらピアスホールが一応完成の目安です。

様子を見ながらセカンドピアスへ変えましょう。

つけっぱなしにしていたファーストピアスを取り、早く可愛いピアスをしておしゃれしたい!!と思いがちですが、ファーストピアスを卒業した後もまだまだ安心できません。

ファーストピアスを卒業したばかりのピアスホール内の皮膚はとても薄く傷つきやすいので、セカンドピアスの正しい選び方を次に紹介したいと思います。

【スポンサードリンク】

セカンドピアスの正しい選び方

セカンドピアスでピアスホールの大きさが決まると言われています。

医者が選んでくれたりもともとピアッサーについているファーストピアスと違って、多くの種類の中から自分で選ぶことになるので、慎重に選びたいですよね。正しい選び方のポイントをいくつか紹介したいと思います。

①軸の太さ・長さ
ファーストピアスはポストの太さが約1〜2mmのものが一般的です。

それに対してファッションピアスは約0.6〜0.7mmくらいの物が多いです。

セカンドピアスとしてそのくらい細いものを選んでしまうと、ピアスホールが小さくなってしまうことがあるので、理想は太さが1mm前後のものが良いです。最低でも0.8〜0.9mmのものをおすすめします。

また、軸の長さも大切です。購入してからきつかったということがないよう、長めのものを選びましょう。

②素材
18金、プラチナ、チタンなどの金属製のものをおすすめします。

特にチタンはアレルギーを起こしにくいので人気が高いです。

③大きさ
ファーストピアスと同じように、スタッドピアスやキャッチピアスといったシンプルなものを選びましょう。

大きいものは薄く安定していない皮膚には負担になり、傷つける原因になります。

また逆に、ヘッドが小さすぎるものだと皮膚に埋まりやすくおすすめできません。

最後に

髪を耳にかけた時に見えるピアスはとても可愛くて自分もピアスあけたいなと思いますよね。

おしゃれの一つとしてとても素敵なアクセサリーだと思います。

しかしピアスホールをあけた後の処理を誤ると、そんな憧れから一変、膿んだり皮膚を傷つけてしまう原因になります。

今回はピアスホールの安定にとても大切なセカンドピアスの正しい選び方や期間について紹介しました。

意外と知られていないセカンドピアスですが、慎重に正しく選び、おしゃれを楽しんでいただければなと思います。

また、セカンドピアスの期間や、期間中のカラーリングについて詳しく知りたい方は『セカンドピアスの期間は最短どのくらい?期間中、カラーリングは控えた方が良い?』で紹介してますので、チェックしてみてくださいね。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたら嬉しいです。

【スポンサードリンク】

こちらの記事はいかがですか?


サブコンテンツ

このページの先頭へ