ピアスを開けた初日のケアについてご紹介!お風呂・消毒・動かない時の対処法も解説!

やっと念願のピアスも開き、喜んでいたのもつかの間…

一体この後どんなケアをすれば良いの?お風呂に入るときや、消毒、ピアスが動かなくなった場合の対処法ってどうやるの!?など沢山不安があります。

でも大丈夫!

しっかりとケアの仕方や対処法を知っていれば慌てることなく、ピアスを楽しめます。

そこで今回はピアスを開けてすぐの初日のケアや、お風呂・消毒・動かないなどの不安ポイントを詳しくご紹介します。

【スポンサードリンク】

ピアスを開けた初日のケアってどうやるの?ケア方法をご紹介!

ピアスを開けた初日は基本的に動かしたり、触ったりしないようにすることが1番です。

なのでピアスを開けた初日はシャワーに入って、水で流すだけでOK!

翌日からは固形石鹸を泡立てたものを、ピアスを外さずピアスホール周辺に優しくつけて洗い流すだけ。

初日からしばらくはこのケア方法だけでそっとしておくようにしましょう。

お風呂・消毒・ピアスが動かない時の対処法は?

さて、ファーストピアスの正しいケア方法が分かった所で次に気になるのが「お風呂・消毒・ピアスが動かない!」などの不安点の対処法です。

順を追って説明していきますので、ぜひ目を通して役立てて下さいね。

◆ピアスを開けた初日のお風呂は?

結論から言うと、ピアスを開けてすぐの当日でもシャワーはOKです!

ただし!お湯を張って湯船にしっかり浸かるのはNG。

しっかり洗浄しているつもりでも、浴槽には見えない雑菌がいる場合も多いので開けてすぐのピアスホールはデリケートな分感染症などを起こしやすくなっている状態です。

ですから、ピアスホールが少し落ち着いてくる1ヶ月間は様子を見ながらシャワーを基本にして済ませるようにしましょう。

◆ピアスを開けた日の消毒は?

ちょっと一昔前はピアスを開けた日から夜寝る前には毎日消毒をしましょう!と言われていましたが、今ではそれは必要ないと言われています。

ピアスホールが少し落ち着くまでの間はむやみやたらにグリグリ動かしていると逆に膿んでしこりが出来たり、腫れて血が出たりしやすくなっていつになってもホールが落ち着きません。

それから消毒液は刺激がとっても強いので、デリケートになっているピアスホールには強すぎます。

ですから最低でも1ヶ月はあまりいじらないように、消毒もせず動かさないようにしましょう。

◆ピアスが動かない!

ピアスは定期的に動かした方が良い!という噂も聞いたことがありませんか?

これに関しては使用しているピアスの素材でどうした方が良いのかが変わってきます。

ファーストピアスに使われるピアスは大きく分けて2種類、「金属製・樹脂製」があります。

金属製のものはあまり癒着しないと言われているので、そこまで気にしなくても大丈夫です。

ただし、樹脂製のピアスは割と皮膚にくっつきやすいので当日は動かしませんが数週間が経過して痛みが無さそうなら少しクルクル回して癒着するのを防ぎましょう。

【スポンサードリンク】

まとめ

いかがでしたか?

ピアスは楽しみな反面、ケアを怠るとすぐに炎症を起こしたり膿んできたりします。

ただ昔と違って消毒は毎日必要ない!と言われているので、開けた当日はシャワーの水で洗い流すだけ、翌日からはそっと泡をつけて洗うだけで大丈夫です。

むやみやたらに動かしてピアスホールを傷つけないようにしましょうね!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください