クッキー生地を寝かせる理由&時間について解説!冷凍した後の解凍方法と保存期間は?

クッキーは手軽に作れて、しかも美味しいという素敵なお菓子ですよね。

はじめてお菓子作りはクッキーだったという方も多いのではないでしょうか?

でも、そんなクッキーも作り方次第でさらに美味しくなることをご存知ですか?

そこで今回は、クッキー生地を寝かせる理由とその寝かせる時間について、そして冷凍保存した時に解凍する方法とその日持ちについてをご紹介したいと思います。

美味しいクッキー作りの参考にしていただければと思います。

【スポンサードリンク】

クッキー生地を寝かせる理由は?

生地を寝かせる理由としては次の点があげられます。

・水分を生地全体になじませるため
・味をなじませるため
・型抜きするのに生地の硬さを整えるため
です。

クッキーの生地には主に小麦粉が使われます。小麦粉には「グルテン」という成分が含まれているのですが、このグルテンは水分と結合することで粘りが出てきます。

このグルテンの働きを抑えるのに冷蔵庫で寝かせるという工程が必要なのです。もし、冷蔵庫で寝かせることなくそのまま焼いてしまうと、粘りが出すぎた状態、つまりサクサクではない硬いクッキーが出来上がってしまうのです。

また、寝かせることによって、味もしっかり馴染みますし、適度な硬さになり型抜きもしやすくなります。これまで、面倒だからそのまま焼いていたという方は今度からぜひ試してみてください。

クッキー生地は何時間寝かせればいいの?

寝かせる時間として最も最適なのは、

・生地が出来上がった時に冷蔵庫で2時間
・型抜きをした後に冷蔵庫で30分
と言われています。

あくまで目安なので、この時間通りに必ずしなければいけないというわけではありませんが、このくらいの時間を計算に入れてクッキー作りは始めるといいかもしれませんね。

ただ、長く寝かせる分には問題はありませんので、もしそんな時間ないよ〜という方は、あらかじめ前の日に生地を作って冷蔵庫で寝かせておくといいかもしれませんね。

【スポンサードリンク】

冷凍後の解凍方法は?

その都度分量を測る手間を省くために、作っておいた生地を冷凍しておくこともいい方法と言えます。

その場合は、どのように解凍すればいいのでしょうか?完全に解凍した生地を使いたいという時には、前の晩に冷凍庫から冷蔵庫へ移しておくといいでしょう。ゆっくりと自然に解凍されるので、作った時とほぼ同じ状態で使うことができます。

もし、型抜きしたものを冷凍しておいた場合は、完全に解凍されていなくても焼くことができますし、むしろ半解凍くらいのほうが形が崩れずに綺麗に焼くことができます。

冷凍した時の状態と解凍後の使い方で、解凍方法もうまく使い分けるといいかもしれませんね。

冷凍保存したらどれくらいもつの?

クッキー生地を冷凍保存した場合の日持ちの目安は約1ヶ月です。

中には数ヶ月たったものを使うという方もいらっしゃいますが、可能な限り早めに使い切ってしまうことをおすすめします。

また冷凍保存する場合、気を付けたいこととしては、冷凍する時にはラップできれいに包み冷凍保存が可能な袋に入れて冷凍するようにしましょう。

そうしなければ、生地が乾燥してしまったり、においが移ってしまう可能性があります。せっかく作った生地なのでいい状態で保存しておきましょう。

まとめ

いかかでしたか?今後クッキーを作る際には、ぜひこれらのことを参考にされてみてください。

自家製の美味しいクッキーがさらに美味しくなることでしょう。

そして自慢のクッキーをみんなにご馳走してあげるなら、みんなにも喜んでもらえるのでまさに一石二鳥ですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください