ブラウンシュガーとは?砂糖の種類や代用についてご紹介!【グラニュー糖・上白糖・三温糖・黒糖・きび糖】


f7a74c2ed015b6e33b2214db924afb28_s

砂糖の種類は色々とありますが、ブラウンシュガーとレシピに記載されているとき、「ブラウンシュガーとはなんだろう?」と、どのお砂糖の種類を使えばいいのか迷いますよね。

「ブラウンシュガー」とは、茶色の砂糖のことですから茶色の砂糖を使えばどれでも代用していいのかな?という感じですが、数ある砂糖のうち茶色いのは黒糖、三温糖、きび糖です。他にも、白い砂糖にグラニュー糖、上白糖などがありますね。

たくさんある砂糖ですが、それぞれの違いはどのようなものがあるのでしょうか。

グラニュー糖、上白糖、三温糖、黒糖、きび糖それぞれの特徴をご紹介するとともに、代用するならそれぞれどれがいいのかご紹介します。

【スポンサードリンク】

そもそもブラウンシュガーとは?

そもそも、ブラウンシュガーというのは色のついた砂糖のことをいいます。

色のついた砂糖ということは、精製されていない黒糖はもちろん、三温糖や、グラニュー糖や上白糖にカラメルを添加して色を付けたものもブラウンシュガーと呼ばれます。

しかし、単に色が付いているからブラウンシュガーとしてどれでも使えるというよりも、「ブラウンシュガーをわざわざ指定している」という場合は未精製であることにより出される独特のコクを活かしたいという意味合いが多いでしょう。

なので黒糖などミネラルや未精製の成分が多いものや、三温糖など風味があるものを使うのがベターです。

グラニュー糖、上白糖、三温糖、黒糖、きび糖、それぞれの特徴とは?

【グラニュー糖】

グラニュー糖というのは、サトウキビやテンサイを絞って加熱精製することにより作られるサラサラした白砂糖で、もっとも一般的な砂糖です。上白糖よりも焦げ付きにくいという特長を持ちます。

【上白糖】

上白糖というのは、砂糖といえば上白糖といっていい、一般的にありふれた白砂糖です。精製度が高いのが特徴です。グラニュー糖よりもしっとりした感じの砂糖です。

【三温糖】

三温糖というのは、サトウキビから作られる上白糖など精製度の高い糖を作った残りで作られる糖です。なんども加熱することによって、茶色く色が付きブラウンシュガーとして使われます。

三温糖という名前の由来も、再三加熱するために「三温糖」という名前が付いたといわれています。

成分は上白糖と同じなのですが、焦がしたことによって独特のカラメルの風味が付いています。そのためただの上白糖よりも甘みが強いと感じます。

スーパーなどで売られているものの中には、白砂糖にカラメル色素で色を付けただけのものもあり、偽物の三温糖であることがありますので注意しましょう。

本当の三温糖には「粗糖」「糖蜜」などの原料名がどこかに書かれているはずです。

【黒糖】

黒糖というのは、サトウキビを絞って作られる精製度の低い糖です。不純物を取り除いただけですので、ミネラル分が豊富に含まれたままになっていてコクがあり独特の風味と甘みが感じられる糖です。

【きび糖】

きび糖は、サトウキビから苦み、アクなどを取り除き精製した糖で、まろやかな甘さとコクが特徴です。

薄めのブラウンで、黒砂糖とグラニュー糖の間くらいの糖です。白砂糖のように完全に精製されたのではなく精製途中のを煮詰めてきび糖が作られます。

【スポンサードリンク】

ブラウンシュガーの代用には?

お菓子作りなどに、「ブラウンシュガー」というのが記載されている場合は、三温糖や中ざら糖などを使えば無難です。

それがなければ、黒糖でもきび砂糖でも色のついたお砂糖を代用として使えばいいといわれています。

まとめ

さて、いかがでしたか?

まとめますと、

ブラウンシュガーの特徴と代用

  • ブラウンシュガーとは黒糖や三温糖などの色のついた砂糖のこと
  • 三温糖・・・カラメルの風味を料理に生かせる
  • 黒糖・・・ミネラル分が多く、豊かなコクを料理に生かせる
  • きび糖・・・黒糖と白砂糖の中間。コクを料理に生かせる

ということでしたよね。

今回はお砂糖についてご紹介しましたが、同じくお菓子づくりには欠かせないバニラエッセンスについて、
『バニラエッセンスの代用には何が良い?プリンやカスタードを作りたい時必見!バニラアイスで代用可能なの?』の記事でご紹介してますのでこちらもチェックしてみてくださいね!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

【スポンサードリンク】

こちらの記事はいかがですか?


このページの先頭へ