アガーが固まらない時必見!原因や修復の方法とは?

ゼリーなど作る時に凝固剤として使うアガーって知っていますか?

ゼラチンや寒天とよく似たものでゼリーを作る時に使う物です。

アガーをジュースに混ぜるだけで作れるのですが、固まらないで失敗するときもあります。

そういった時って何故固まらなかったのか、その原因と修復方法について知りたいですよね。

そこで今回はアガーとはどういうものか、固まらなかった原因と修復方法について紹介します。

【スポンサードリンク】

アガーとは

アガーとは、海藻を原料とした植物性のゼリーの素のことで、粉末状になっており、ゼリーやプリン、水ようかんなどを作るときに使われます。

アガーを使ったものの仕上がりは、ゼラチンや寒天を使ったものよりも透明感が高く、美しい光沢のある表面で、柔らかで、ふるふるで、なめらかな食感のデザートに仕上がります。

無味無臭なので、素材の風味を生かすことができたり、素材の色合いもしっかり出すこともできます。

アガーはゼラチンと違って(冷蔵庫で冷やさなければならない)常温で固まり、常温のままでも溶けないので、とても便利です。

アガーが固まらない原因

アガーの使用量は、液体100mlに対して1~2%です。

しかし正しい量で作っているのに固まらない場合もあります。

その原因は‥‥

● 牛乳やジュースなどに直接混ぜる

● 綺麗に混ざってなくてダマになっている

● アガーを入れた液体を沸騰させてしまった

● レモン果汁など酸味の強い液体と一緒に煮立たせた

● 固まりかけている途中で揺らしたりすると、それが固まらない

このような原因で固まらない場合があります。

【スポンサードリンク】

アガーが固まらない時の修復方法

まずは少量の水を90度以上に加熱させて、その中にアガーを入れてしっかり溶かします

アガーは一気に入れてしまうとダマになるので少しずる加えながら溶かすことが重要です。

その後で、牛乳やジュースなどを加えてよく混ぜます。

その際は、冷たいまま加えると、その場で固まってしまうことがあるので少し温めてから入れること

また、酸味がある果汁を入れたい時は、まずはジュースの半分以下の水に砂糖とアガーを混ぜた物を溶かします。

そして、軽く沸騰させて、火を止めてから、常温のオレンジジュースやレモンジュースを入れれば、酸味のある物でも固まります。

出来上がった液は、30~40℃くらいの常温で固まります。

その間は揺らさずに静かに置いておくようにしましょう。

まとめ

アガーが固まらない時必見!原因や修復の方法とは?

  • アガーとは、海藻を原料とした植物性のゼリーの素でゼラチンや寒天と同じ役目をする
  • アガーが固まらない原因は、ダマになって綺麗に混ぜっていないことでムラができる
  • 酸味の強い果汁を加えると固まりにくくなったり、固めている最中に揺すったりすると固まらない
  • 加熱した水に少しずつアガーを加えしっかりと溶かすことが大事である

今回はアガーが固まらない原因やその修復方法について調べてみました。

アガーはゼラチンや寒天と同じようにゼリーやプリンなどを固める凝固剤として利用されますが、その中でも特に透明感に優れ、フルフルと柔らかくなめらかな食感が自慢の凝固剤です。

使う時は、アガーが溶けるまでしっかりと溶かすことが大事で、固める際は、揺すらずに完全に固まるまで触らないことですね。

アガーを使って美味しいお菓子作りにぜひ挑戦して、素敵なデザートタイムを楽しんでくださいね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

スポンサードリンク

こちらの記事はいかがですか?


このページの先頭へ