ステンレスのボウルをレンジで加熱?直火にかけるのは大丈夫?セットで買えるおすすめの商品もご紹介!

ステンレスのボウルは軽くて丈夫だし、ガラスのボウルみたいに割れる心配もないので利用されている方多いのではないでしょうか。

ボウルに食材を入れたまま冷蔵庫に入れるとステンレスの金属のおかげで、ガラスのボウルより早く冷やすこともできます。

では、ステンレスボウルに入れた食材を加熱したい場合はどうしたらよいのでしょうか。

レンジで加熱はできるのか?コンロで直火で加熱は可能なのか?

そもそも、ステンレスという素材は熱に強いのでしょうか。

そこで今回は、ステンレスのボウルを加熱する際、レンジや直火は大丈夫なのかと、おすすめのセット商品もご紹介いたします!

【スポンサードリンク】

 

レンジでの加熱は可能?

ボウルに限らず、ステンレス製の器具や食器はレンジでは使用できません。

ステンレスは、クロムとニッケルの金属イオンが含有されています。

金属は電子レンジ内のマイクロ波を反射するので、最悪の場合出火してしまう危険性があるのです。

また、発火にまで至らなくても反射したマイクロ波によってマグネトロンにダメージを与えます。

マグネトロンは電子レンジの心臓部にあたる大事な部分ですので、故障に繋がってしまいます。

発火の危険性と、電子レンジ故障の危険性があるので、ステンレス製品を電子レンジで使用するのは絶対に避けましょう。

 

直火での加熱は可能?

ステンレスの素材は直火にかけることは可能なんです!

必ずコンロの出火位置を覆えるくらいのサイズ以上を使用することに注意してください。

そして、鍋やヤカンと同じように空焚きは絶対に禁物です!

問題点は、持ち手がないので火傷に注意しなくてはいけないことと、火気によりステンレスの底が黒く変色してしまうことです。

直火で使用するときは、取扱いに気を付け、大切にしたいボウルの使用は避けるのがよいでしょう。

商品によっては直火不可能の注意書きがされているものもありますので、必ず確認してから使用してくださいね!

【スポンサードリンク】

 

おすすめのセット商品

ステンレスのボウルは、いろいろなセット商品が販売されているので、セット商品を選ぶのがオススメです。

おすすめのセット商品

  • そのまま保管できるようにふたがついているもの
  • 同じサイズで何個かセットになっているもの
  • サイズ違いで何個かセットになっているもの
  • ザルと一緒にセットになっているもの

これが一緒になってたら便利かも!という使用者目線で考えられているものがたくさんあります。

使い勝手を考えると、1個しかないよりは断然、複数をいろいろなサイズで持っていた方が利便性がありますよ!

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

ステンレスのボウルは軽くて使い勝手が良いことがわかっていただけましたでしょうか。

電子レンジの使用はできませんが、直火は可能ですので、お鍋が足りない時に代用ができるので便利です。

お料理をこれから始める人や、調理用具を買い換えたいな、と思っている方は是非ステンレスボウルを取り入れてみてください!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ