シルクのパジャマの洗濯方法とは?かわいいブランド物もこれで安心♪


お気に入りブランドのシルクのパジャマ、かわいいから選んだけど洗濯の方法がわからない!

どうすればいいの?って方に是非読んでいただきたいです。

シルクはスベスベした肌触りで心地よく軽い素材で、パジャマにするにはもってこい。

光沢もあってかわいいものがたくさんありますよね。

でも、素材の特性上、普通に洗濯すると痛んじゃいそうで不安…って方も多いことと思います。

とくにお値段の張るブランドだったら心配ですよね。

そこで今回はシルクのパジャマの洗濯方法をご紹介いたします。

【スポンサードリンク】

 

シルクを洗濯する前の準備

まず、洗濯表示を確認します。

手洗いOKのマークがあれば自宅で洗濯が可能です。

ない場合は、クリーニング店にお願いしましょう。

自宅での洗濯が可能な場合、シルクを洗濯するのに適した洗剤は”ドライマーク衣料用の中性洗剤”です。

おしゃれ着洗い専用の洗剤が販売されているので、そちらを使ってください。

ない場合はヘアシャンプーで代用可能です。

シルクも髪の毛も同じタンパク質なので、代用できるんですよ!

そしてシルクは色落ちしやすい素材のため、色柄物の場合は目立たない場所で色落ちしないかテストを必ずしてください

 

シルクの洗濯方法

シルク製品は手洗いするのがオススメです。

シルクは擦れに弱い素材なので洗濯機でガシガシ回してしまうと毛羽立ったり、ひどい時は破れてしまいます。

どうしても洗濯機を使う場合は、ドライコースで脱水は最短にしてください。

手洗いの場合

  • 1.中性洗剤を適量の水道水またはぬるま湯に加え、洗濯液を作ります。
  • 2.パジャマを軽く畳み、洗濯液に5~10分漬けながら軽く押し洗いします。
  • 3.水をきれいなものに取り換え、同様に押し洗いしながら軽くすすぎます。
  • 4.脱水は洗濯機の機能を使用し、シワになるのを防ぐため、高速回転になったら5秒程度で止め、形を変えながら数回繰り返します。
【スポンサードリンク】

 

シルクの乾燥方法

干す時は、軽くシワをのばすように整えてから陰干しで乾かしてください。

直射日光が当たってしまうと色落ちしやすく、黄変してしまいます!

乾燥機はもってのほかです。

シワになる上に、擦れるので生地を傷めてしまいます。

シルクはカビが発生したり虫食いが起こりやすいため、しっかりと乾燥させてくださいね!

アイロンをかける場合は、生乾きの状態で当て布をし、内側からかけてください。

 

シルクの保管方法

シルクは先に紹介したとおり、タンパク質で構成されています。

そのため、カビが発生しやすく虫食いが起こりやすいです。

湿気のある場所での保管はNG!乾燥材を使用するなどして、湿度のない涼しい場所で保管しましょう。

クリーニングから戻ってきたものをそのまま片づける場合は、かかっているビニール袋は外してくださいね!

湿気の原因になる他、クリーニング時の溶剤が揮発せず残ってしまいシミの原因になります

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

大切なシルクのパジャマ、結構手がかかりますがお気に入りは長く着たいですよね。

適切な洗濯・乾燥をし、保管方法を間違えたりしなければ痛みも少なくなります。

しっかりとお手入れをすれば長い間愛用できますので、かわいい子を守る気分でシルクのパジャマを愛でてあげてくださいね!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

【スポンサードリンク】

こちらの記事はいかがですか?


サブコンテンツ

このページの先頭へ