お弁当箱はレンジでチンしてOK? 蓋があかない時の対応とは?

b8b00ea335373190b9a1aaf04c1a1bea_s

お昼のお弁当は冷めてしまっているので温めて食べるという人もいますよね。冷めてしまったお弁当箱をレンジでチンして温めて食べてもokなのでしょうか。お弁当箱といっても色々な素材のものがありますから当然耐熱温度も違いがあることでしょう。

電子レンジでチンしてokなお弁当箱というのはどのようなものがあるのでしょうか。また、お弁当箱の蓋があかないということもありますよね。蓋が凹んでしまってあかないときがありますが、これはお弁当箱の内部の気圧が変わるためだといわれています。

そんなときはどのように対応したらいいのかというのも調べてみました。あたたかいお弁当を食べるために、レンジでチンしてokなお弁当箱と、蓋があかないときの対応をご紹介します。

【スポンサードリンク】

電子レンジでチンokかは耐熱温度を見てみる

電子レンジ対応とあらかじめアピールしているお弁当箱を買えば、安心して電子レンジで温めても大丈夫ですが、そうでない場合はどのようにして見分ければいいのでしょうか。

お弁当箱の底の方には、耐熱温度というのが記載されていることと思います。それをチェックしてみて100℃以上なら大丈夫でしょう。ただしお弁当箱の中身に油を使った料理が入っている場合は油は100℃以上温度が上がりますから、ダメな場合もあります。

また、お弁当本体は大丈夫でも、二段重ねの下の段の柔らかい蓋や、汁漏れ防止パッキンなどは耐熱温度が低い場合があり、一緒に加熱してしまうとダメになってしまうことがあるので、外してから電子レンジでチンしましょう。

それから、密閉タイプのお弁当箱のふたは外して加熱しないと蓋があかなくなるだけではなくて吹っ飛んで爆発することがあるので気を付けましょう。

蓋があかないときはどう対応する?

電子レンジで加熱することにより気圧の変化が生まれ、お弁当箱の蓋があかないというときはどう対応したらいいのかもチェックしておきましょう。

パッキン式のお弁当箱など、温めた後に冷えてお弁当箱のふたがあかなくなった場合には、再度温め直してあたたかいうちに開けましょう。電子レンジを使い、数十秒チンして温め直すと蓋が開くといわれています。

または、蒸し器で蒸してもいいようですのでお弁当箱のふたがあかなくなったら試してみてください。

【スポンサードリンク】

まとめ

さて、いかがでしたか?お弁当箱を電子レンジで温めたい場合には、電子レンジ対応のお弁当箱が安心できて便利だということが分かりましたね。

まとめますと、

お弁当箱はチンしてok?蓋があかないときの対応とは

  • お弁当箱は、電子レンジ対応ならok。そうでない場合は耐熱温度をチェックしよう。
  • 本体は大丈夫でも、パッキンの柔らかい蓋は耐熱温度が低いことがあるので外して温めよう。
  • お弁当箱のあかない蓋は、電子レンジや蒸し器で再度温め直すと取れる。

ということでしたよね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

スポンサードリンク

こちらの記事はいかがですか?


このページの先頭へ