中華スープの素の代用にはウェイパーと鶏ガラスープの素どちらが良い?中華だしの素との違いとは?

ダウンロード (2)

中華スープの素がないとき、代用にウェイパー、鶏ガラスープの素、中華だしの素、どれがいいのでしょうか?

そもそも、ウェイパーってご存知ですか?これ1つで中華料理の味が完璧に再現できるという便利な調味料なんですよ。

鶏ガラスープの素はご存知ですよね。鶏ガラスープの素や、ウェイパーは中華スープの素の代わりに使えるのでしょうか?

また、中華だしの素との違いはなんなんでしょうか?

中華だしの素の特徴と、それぞれの違いについても調べてみましたのでご紹介します!

【スポンサードリンク】

ウェイパーの特徴とは?代用できる!

いつも使っている中華スープの素がない!というとき、鶏ガラスープの素、ウェイパー、中華だしの素はそれぞれ代用できるのでしょうか?どう違うのか調べてみました。

ウェイパーの特徴というのは、これ1つで中華の味がしっかりと完成する、中華の万能調味料ということです。

こちらは中華スープの素の代用として使うことができます。

ウェイパーだけで、チャーハンや炒め物や中華スープの味付けができます。

鶏ガラスープの素とは違って、豚ガラも配合されています。

原料は、食塩、鶏エキス、豚エキス、野菜エキス、砂糖、香辛料、調味料(アミノ酸)などです。

ウェイパーは、塩気が強いので、少し控えめに味を調整していかないと、思ったよりしょっぱい味になってしまうかもしれないので気を付けてください。

また、中華調味料が中国製が多いといわれていますが、ウェイパーは日本の会社が作っています。

鶏ガラスープの素も代用できる!特徴とは?

中華スープの素は、そもそも原料は何で出来ているかというと、チキンパウダーやブドウ糖、醤油、アミノ酸(旨味調味料)などで出来ているんですね。

鶏ガラスープの素というのは、塩、チキンエキス、野菜エキス、コショウ、アミノ酸などでできています。

なので、出汁につかたている肉もチキンで同じですから、中華スープの素として使ってもそれほど違和感ない味になるようです。

【スポンサードリンク】

中華だしの素も一応代用できる!他との違いは?

中華だしの素は、チキンを出汁に使っているのではなくて、豚や牡蠣などが使われていて、チキンよりもコクがあり、しっかりと中華の味になるのが特徴です。

鶏ガラスープの素のほうが、チキンベースなのであっさりした味になります。

仕上がりに違いは出ますが、一応どちらも中華の味になるので、お互いに代用することができます。

また、もしウェイパーも、鶏ガラスープの素も、中華だしの素もないというときは、コンソメにごま油とコショウでなんとか中華っぽい味になるそうなので、いざという時はお試しください。

まとめ

さて、いかがでしたか?

まとめますと、

中華スープの素の代用として使えるもの

  • 鶏ガラスープの素は代用として使える!
  • ウェイパーも代用として使えるけど、しょっぱくならないように注意!
  • 中華だしも、仕上がりに違いは出るけど使えないことはない。

ということでしたよね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ