ベーキングパウダーの代用には片栗粉とドライイーストどちらが良い?ドーナツやマフィンもこれでできちゃう♪


ダウンロード (2)

ドーナツやマフィンなどおやつをお家で手作りするとき、うっかりベーキングパウダーを切らしてしまっていて、ない!というときありませんか?

ベーキングパウダーがなくても、お家に片栗粉やドライイーストはあるというとき、これらは代用して使えるのでしょうか。

また、片栗粉とドライイースト、どちらをどのくらいの分量で使えば良いのでしょうか?

それぞれご紹介します。

【スポンサードリンク】

片栗粉で代用できる?

片栗粉とは、ジャガイモのでんぷんを粉にしたものです。

お料理のとろみ付けや、唐揚げの衣によく使われますよね。

わらび餅もどきも、片栗粉で作れます。お菓子にも使われるんですね。

とろみや、カリッとした食感を作るのに使われる片栗粉ですが、ドーナツに片栗粉を入れると、モチモチ食感がアップします。

マフィンは、外側がカリッとして、中がモチモチ、しっとりというやみつきな食感になりますよ。

ただし、片栗粉を使ったドーナツやマフィンのレシピはあるものの、ベーキングパウダーの代わりに片栗粉を使うというレシピは探しても見つからず、ベーキングパウダーも併用しているものしかありませんでした。

ベーキングパウダーというのは、片栗粉とは性質が違い、発泡によって生地をふわふわさせるという働きをしますよね。

なので、代用にはむしろ重曹が使われることが多いようです。

ところで、ドライイーストもパン生地を膨らませるのに使われますが、ベーキングパウダーとはどう違うのでしょうか?

ドライイーストは、ベーキングパウダーの代用に使えるのか調べてみました。

ドライイーストで代用するとどうなる?

ドライイーストは、ベーキングパウダーよりも膨らむ力が強く、弾力のある生地を膨らませるのに適しています。

ドライイーストは、発酵させるために生地を寝かせる必要があります。

イーストが発酵して、生地が膨らむのですが、イーストは体に悪いというので、イーストを食べないようにしている人もいます。イーストは自閉症の一因になっているようですね。

ドライイーストに対して、ベーキングパウダーは、生地に混ぜるだけでいいので、手間がかからず楽です。

ベーキングパウダーは、サクサクした食感を出すのに向いています。

しかし、ドライイーストはドーナツやマフィン作りに、ベーキングパウダーの代用として使うことはできます。

ふんわりとして美味しいという感想がありますが、ベーキングパウダーよりも気泡が大きいため、もっちり弾力のある仕上がりになります。

逆に、本来ドライイーストを使って作るパンを、ベーキングパウダーを使って作ることもでき、ふわふわの蒸しパン風になってこれもまた美味しいみたいですね。

【スポンサードリンク】

重曹を代用に使う方法

ベーキングパウダーの代わりにドライイーストを使うと、どちらかというとパンのような弾力のある仕上がりになってしまいます。

重曹を代用に使った方が、ベーキングパウダーはそもそも重曹が主成分ですから、仕上がりがベーキングパウダーに近くなります。

ただし重曹は、加熱すると炭酸を発生させ膨らむのですが、黄色い色や苦味も同時に出してしまいます。

黄色っぽくなるのは、アメリカンクッキーやどら焼きの美味しそうな色を出すのに役立ちますが、白く作りたいときには向きません。

また、生地が横に伸びたり、独特のにおいが出ます。ベーキングパウダーよりパサパサした食感になり、どら焼きのような和菓子のような仕上がりになります。

重曹を、ベーキングパウダーの代わりに使うときは、ベーキングパウダーの半分の量を目安に重曹を使うと良いでしょう。

あまり量が多いと、苦味や黄色味が強く出てしまいますからね。

まとめ

さて、いかがでしたか?ベーキングパウダーがないとき、ドライイーストや重曹は、生地を膨らませるのに使えるということが分かりましたね。

まとめると、

それぞれの特徴

  • 片栗粉は併用すると新食感を楽しめるが、ベーキングパウダーの代わりにはならない。
  • ドライイーストはパンのような弾力のある仕上がりになる。
  • 重曹は和菓子風の仕上がりになる。使う量はベーキングパウダーの半分。

ということでした。

やはり、ふわふわ洋菓子風に仕上げたいならベーキングパウダーを使う必要がありますから、仕上がりにこだわる人はベーキングパウダーを使いましょう。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ