ピアスの洗浄の仕方についてご紹介!いつからやるべき?石鹸・洗顔フォームはそのまま使える?

ピアスホールを開けてまず気になるのが「ピアスの洗浄方法」です。

ピアス自体もきちんと洗わないと、なんとなく雑菌とかが気になるし、ピアスホールの隙間にカスが溜まって炎症を起こしてしまわないかも気になります。

でもピアスの洗浄って、開けた初日から入浴前や寝る前に一旦外して洗浄した方が良いのか?はたまた当日は不要で、目安の時期があるのか?が分かりにくいです。

更に洗浄を考えた時に、入浴したタイミングで石鹸や洗顔フォームなどでそのまま洗ってしまっても良いのか?も気になります。

そこで今回はピアスの洗浄方法や、洗浄する目安時期、石鹸や洗顔フォームをそのまま使うのはアリなのか?をご紹介していきたいと思います。

【スポンサードリンク】

ピアスの洗浄方法は?いつからやれば良いの?

ピアスを開けてすぐ、雑菌なども気になり洗浄をした方が良いのか?迷ってしまいますよね。

ピアスの洗浄は目安時期や正しい洗浄方法が存在します。

そちらをご紹介していきます。

◆ピアスの洗浄方法をご紹介

ピアスの洗浄方法はいたって簡単!1日1回しっかりと洗い流せばOKです。

無理に石鹸類を使う必要はありません。

シャワーの際に流水でしっかりピアスの上から汚れを流してあげるだけで基本は大丈夫です。

ただしどうしても汚れが気になる場合は、ボディーソープや洗顔フォームなどをしっかり泡立てて、その泡をピアスホールやその周辺に優しく乗っけて洗っていきます。

そうしたら泡の弾力を使い丁寧に洗浄するだけ。

ただし、泡をのせたままにしたりピアスをグルグル回したりなどはしないように。

逆に穴の中に泡が入ったり、汚れが溜まりやすくなってしまうので動かさずにつけた状態の上から洗っていきましょう。

◆ピアスの洗浄はいつからやるべき?

ピアスを開けてすぐの時は、体に傷を負っている状態になるので極力動かしたり触ったりしないのが正解。

ピアスホール内部や周辺がとても敏感になっているので、間違って動かしたりしてしまうとしこりが出来たり、その隙間から雑菌が入って腫れたり出血を伴う場合があります。

ですから数日経って、ピアスを軽くトントンと叩いてみても痛みが感じなくなったらお手入れ開始です。

ピアスの洗浄に石鹸や洗顔フォームは使えるの?

ピアスの洗浄は昔はマキロンなどを使って拭くなどと言われていましたが、今ではそういった消毒方法はオススメされていません。

殺菌力が強すぎるとかえってトラブルを起こしやすくなったり、ピアスを動かしてしまうことで隙間から汚れが入り皮膚トラブルに繋がることもあるからです。

ではピアスの洗浄は石鹸や洗顔フォームなどを使ってやっても良いのか?と気になりますよね。

次に石鹸や洗顔フォームを使用しても良いのか?についてお話ししていきたいと思います。

◆石鹸はOK?

体用に使っている浴用石鹸などを使って洗っても良いのか?ですが勿論OKです。

しっかりと泡だてネットなどを使ってふんわりとした泡を作り、洗っていきます。

ただし薬用と書かれているものは洗浄力が強すぎて、デリケートなピアスホールには刺激になる可能性もあるのであまり使わない方が無難です。

◆洗顔フォームはOK?

洗顔フォームはOKか?ですが、勿論洗顔フォームも大丈夫です。

こちらも石鹸と同じようにしっかりふわふわの泡にして、丁寧にのせて洗うだけで良いです。

洗顔フォームも同じように、薬用などを使うと逆に刺激になってしまう可能性もあるのでノーマルな普通の洗顔フォームがオススメです。

【スポンサードリンク】

まとめ

いかがでしたか?

ピアスを開けて喜んだのもつかの間、雑菌や汚れなども気になるので洗浄をどうやってやったら良いかで悩んでしまう人も多いです。

でも基本的にはしっかり洗い流せばOK!

どうしても気になる場合は、シャワーのタイミングで石鹸や洗顔フォームを使い泡の力で優しく洗浄してあげると綺麗になります。

あまり開けてすぐは刺激などを加えないよう、痛くなくなったタイミングでピアスをつけたまま洗浄していきましょうね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください