レーヨンがしわになった時のアイロンがけの正しい方法とは!どの季節に合う?特徴もご紹介!


2f7a6836b0fa5a0df0a602f55815f56e_s

皆さんはレーヨンという生地をご存知ですか?

シルクに似た肉厚でツヤ感のある素材で、ドレスなどに使用されています。

シャツやブラウスなどにも使われており、家庭で扱うことも多くなってきています。

それと同時に様々な疑問も出てきますよね。

どの季節に合うのか、どんな特徴があるのか、しわになった時のアイロンの仕方など・・・

そこで今回は、レーヨンがしわになった時の正しいアイロンがけ、レーヨンが合う季節、特徴についてもご紹介します!!

【スポンサードリンク】

レーヨンの特徴と最適な季節は?

まずは、よく分からないレーヨンの特徴とレーヨンの服を着るのに適している季節について見ていきましょう!

レーヨンの特徴

  • ドレープ性に優れている
  • シルクのような光沢感
  • 吸湿性に優れているのと同時に放湿性もあるので手触りが良い
  • 水に弱く、濡れると縮みやすい
  • 摩擦に弱く、しわになりやすい

レーヨンは木材パルプを原料とした素材で、高価なシルクに代わりとして開発されました。

水に弱いため、家で洗濯をせず、クリーニング屋にお任せしましょう。

レーヨンに適した季節ですが、木材パルプを使用して作られた素材なので、天然繊維に近く、涼感があるので夏にぴったりの素材です。

透け感もあるので、見た目も涼しげですよ。

レーヨンの正しいアイロンがけの方法とは?!

前述の通り、レーヨンはしわになりやすいです。

うっかり洗ってしまった、長時間たたんで放置していたらしわになってしまったなんてこともあるかもしれません。

でも、注意点さえ守れば、家でも簡単にアイロンがけができるので安心してくださいね。

では一緒に正しいアイロンがけを見ていきましょう。

レーヨンの正しいアイロンがけ

  • 用意するもの:アイロン、アイロン台、あて布
  • 低温度(80~120℃)又は中温度(140~160℃)
  • 摩擦や強い熱に弱いので、必ず当て布を使用する
  • 水に弱いため、スチームアイロンは厳禁!必ずドライアイロンで
  • 斜め方向にかけるなど繊維の向きに逆らったアイロンがけはNG

アイロンの温度は衣類の取扱い表示タグを確認して、それに合わせて温度を設定するようにしましょう。

また、伸びやすい素材で、型崩れをするのでアイロンをグッと押し付けて伸ばすようにかけるのは厳禁です。

もちろん、アイロンを何回も往復させるのもやめましょう。

優しくアイロンを滑らせるようにしましょうね。

【スポンサードリンク】

まとめ

いかがでしたか?今回は、レーヨンがしわになった時の正しいアイロンがけ、レーヨンが合う季節、特徴についてご紹介しました。

レーヨンについてのまとめ

  • シルクのような光沢感と手触りが特徴
  • 水に弱く、しわになりやすい
  • アイロンがけは必ず当て布を使用して、ドライアイロンで
  • 温度は衣類の取扱い表示タグを確認して合わせる
  • 水に弱いため、スチームアイロンは厳禁

水や摩擦に弱いので家での洗濯はしない方が良いですが、アイロンは注意点を守れば簡単に出来ます。

もし、しわになってしまった時はやってみて下さいね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ