生クリームを泡立て器で泡立てると時間はどのくらいかかる?泡立て器がない時の代用とは?


ふわふわの生クリームは、おやつにトッピングするだけで美味しさをランクアップさせてくれる重要なアイテムですよね。

ところで、生クリームは泡だて器を使っていますか?

最近はハンドミキサーもありますが、泡だて器だと結構時間がかかるものですよね。

なかなか泡立たなくて、やってらんない!という意見もちらほら見かけますが、実際、泡だて器だと早くてどのくらい時間がかかるものなんでしょうか。

また、あまり頻繁にお菓子づくりをしない人の場合、生クリームを買ってきたものの泡だて器がないんだった!ということもありますよね。

泡立て器がない場合、泡だて器をわざわざ買うよりはあるもので代用したくなりますが、生クリームを泡立てるのにちょうど良い代用品は、何かあるのでしょうか。

この記事では、気になる生クリームの泡立て時間や、泡立て器の代用品についてご紹介します!

【スポンサードリンク】

生クリームの泡立て時間

生クリームの泡立て時間は、平均では大体2分くらいでとろみが付き始め、ここで砂糖を入れて、大体5分くらいには泡立て終わります。

しかし、人によってはこんなに時間がかかるものなの!?というくらいに、いつまで経っても固まらないと言う人もいます。

それとは逆に、コツを得ている人は、生クリームを泡立てるのには、手動では1分もかからない!という人もいます。

こういう人は、ハンドミキサーだと泡立ちすぎてしまうため、泡だて器で手動で泡立てた方がいいと口を揃えて言います。

このように、1分もかからないという人は、どのような泡立て方をしているのでしょうか?

一つの例をご紹介すると、ボールを斜めにして抱え、泡だて器を小さく叩きつけるように泡立てます。

しかも、泡立てるときに氷水に付けながら冷やしながら泡立てる人は多いと思いますが、本来それも必要ないのです。

冷蔵庫で3時間以上、生クリームをしっかり冷やしておけば、氷水に付けなくても大丈夫ですよ。

むしろ、氷水も使うと冷やしすぎて生クリームが分離しやすくなるという意見もあります。

冷蔵庫でしっかり冷やし、ボールを斜めに抱えて叩きつけるように細かく泡立てるというのがポイントなんですね。

泡立て器がないときの代用はこれ!

泡立て器の代用

  • ビニール袋
  • タッパー
  • クリーム専用機能付きミキサー

この3つが使いやすいです。

お家に泡だて器がない!そんなときは、ビニール袋を使いましょう。

ビニール袋に生クリームを入れ、空気も入れて口を閉じ、シャカシャカと振ります。

泡だったら、ビニール袋の端を斜めに切れば、出しやすいです。

ペットボトルを使うのは、もっと泡立てやすいですが、クリームは固まってしまうので取り出しにくく、ペットボトルを切る必要があるのでクリームには向きません。

それら、ビニール袋の他にはタッパーを使っても良いです。

タッパーに生クリームと空気を入れて、ふたをしっかり閉めてからシャカシャカ振ります。

そして、ミキサーでクリーム専用の機能が付いているものなら、ミキサーで生クリームを泡立てられます。

スイッチ一つなので、とっても簡単ですね。

ただし、クリーム専用の機能がついていないミキサーでは泡立てられないようなので、注意してください。

【スポンサードリンク】

生クリームを早く泡立てるコツ

生クリームは、レモン汁をすこーし入れると早く泡立ちやすいです。

大さじ1くらいのレモン汁ならば、レモンの味もしないといわれています。

なので安心して、もしはやく簡単に泡立てたいときには、レモン汁を追加してみてください。

生クリームが泡立たない原因

生クリームが固まらない原因

  • ボールなどに水滴が残っている、あるいは水滴やお菓子の材料が混入した
  • 生クリームが冷えてない
  • 植物性の生クリームは固まりにくい

頑張って泡立てているのに生クリームが全然固まらない!ということにならないために、次のポイントに注意してみてください。

まず、ボウルや泡立て器に水滴が残っていないことを確認してください。

洗ったときの水滴が残っていると、生クリームが固まりにくくなります。

また、生クリームをしっかり冷蔵庫で冷やしておきましょう。ぬるいままだと生クリームは固まりにくくなります。

また、冷やすときの水や、お菓子の材料がうっかり混入しないように気をつけましょう。

それと、動物性の生クリームのほうが、植物性の生クリームよりも泡立てやすいといわれています。

まとめ

さて、いかがでしたか?泡立て器は正しく使えば、1分足らずで泡立て完了することが分かりましたよね。

泡立ては難しい!と思っていたあなたも、この記事で学んだ知識を生かして挑戦してみてください。

短時間で泡立てるコツ

  • 泡立て器やボールはしっかりと水滴を拭く。
  • 生クリームはしっかり冷蔵庫で冷やしておく。
  • ボールを斜めに抱えて、泡立て器は細かく叩きつけるように泡立てる。

泡立て器がないときの代用品

  • ビニール袋に空気も入れてシャカシャカ振る。
  • タッパーに空気も入れてシャカシャカ振る。
  • クリーム専用の機能がついているミキサーを使う。

是非、参考にして生クリームの泡立て名人になりましょう!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

【スポンサードリンク】

こちらの記事はいかがですか?


このページの先頭へ