セイロンティーの飲み方や味とは?ミルクティーを美味しく淹れよう♪


ダウンロード (1)

セイロンティーって何かご存知ですか?「セイロン」というのは、スリランカの旧国の名前です。

つまり、スリランカ産のお茶を、セイロンティーといいます。

なので、セイロンティーといってもいろいろな種類があって、味もいろいろなんですね。

そんなセイロンティーですが、どんな味の紅茶があるのでしょうか?また、飲み方は普通の紅茶と同じでいいのでしょうか?ミルクティーにしてもいいのでしょうか?それとも、何か飲み方があるのでしょうか?

セイロンティーの飲み方や、味、ミルクティーの淹れ方についてご紹介します!

【スポンサードリンク】

セイロンティーの飲み方

セイロンティーの飲み方は、どのようなのがいいのでしょうか?

セイロンティーは、ミルクティーで飲むのが推奨されています。

イギリスでは、セイロンティーをポットに入れておき、カップにたっぷりのミルクを入れて、おかわりして飲むのがイギリス流の飲み方だといわれています。

クッキー、ビスケットを浸して食べるのが、フランスなどの食べ方です。

しかし、別にミルクを入れず、ストレートで飲んでもいいですね。

セイロンティーの味

セイロンティーの味は、どんな味の特徴があるのでしょうか?

セイロンは産地ですが、作られる茶葉の土地の標高によって味や風味が変わってきます。

一番標高が高いところで作られた茶葉は、花のような香りで渋みがあります。

標高が低いところで作られた茶葉は、香りはあまり高くありませんが、渋みも少なく、コクのある味わいです。

セイロンティー、ミルクティーの淹れ方

ポットを使う場合は、お湯を入れてティーポットやカップを温めたら、そのお湯を捨てて、ティーバッグを入れて沸騰したお湯を注ぎ3分蒸らします。

お湯は、ぬるくても香りが出ないですし、沸騰しすぎてもダメだとか。沸騰直後のお湯を使いましょう。

ポットは、鉄が使われているものは避けましょう。陶器やガラスのティーポット、銀製のティーポットなどなんでもいいですが、鉄入りだけは避けたほうがいいといわれています。

紅茶に含まれているタンニンが、鉄と反応してしまったり、紅茶の色が黒っぽくなってしまいます。

また、美味しく紅茶を飲むことにこだわるならば、カップは内側が白い色で、浅い形のカップがおすすめです。

紅茶の色がわかりやすく、香りも広がりやすいため、目と鼻で楽しめます。

ティーバッグではなくて、茶葉の場合は、ティースプーン1杯が一人分です。

人数分の茶葉をティーポットに入れたら、お湯も人数分ティーポットに入れます。この時、チョロチョロとではなくて、勢い良く、注意しながら入れるのがポイントです。

すぐにティーポットに蓋をして、3分くらい蒸らします。

スプーンで軽く混ぜてから、紅茶をカップに注ぎましょう。最後の一滴(ベスト・ドロップ)まで注ぎましょう。

ミルクティーを淹れるときは、茶葉の量を、ストレートの時よりも少し多目にします。

そして、先ほどご紹介したように、ティーポットで茶葉を蒸らしたら、カップの方に砂糖やミルクを入れてから、紅茶を注ぎます。

このミルクは、加熱しないほうがいいので、冷たいミルクが嫌な人は、ミルクを常温に戻しておきましょう。

【スポンサードリンク】

まとめ

さて、いかがでしたか?

まとめますと、

セイロンティーの飲み方、味、セイロンティーの淹れ方は?

 

  • セイロンティーは、ストレートやミルクティーがおすすめ
  • 味は、茶葉によって違うが、香りが高く渋みも強いもの、香りは弱いが渋みも弱く、濃厚なものがある。
  • ミルクは加熱せずに、カップに注いでから紅茶を入れる。

ということでしたよね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ