ドライクリーニングは自宅でできる?レーヨンやウールも洗濯したい!洗剤は何が良い?


cea22712fbd18b2578b9a23103a231dc_s

レーヨンやウールは水洗いすると縮むという性質がありますよね。そのため自宅で洗剤や水を使って洗濯するというのは一般的に不可能だと言われています。レーヨンやウールはクリーニング屋さんでドライクリーニングで洗濯してもらうというのが無難です。

しかし、レーヨンやウールも自宅で洗えたらいいのにと思いますよね。有機溶剤を使ったドライクリーニングは自宅ではできないと言われていますが、自宅でドライクリーニングする方法はないのでしょうか。

有機溶剤が使えなくても、縮みにくい洗剤というのも通販で販売されていますから、そういう専用の洗剤を使えば自宅でドライクリーニング並みの洗濯ができることでしょう。

というわけで、今回は自宅でレーヨンもウールもドライクリーニングする方法をお伝えします。

【スポンサードリンク】

自宅でドライクリーニングはできる?できない?

自宅でドライクリーニング用の洗剤を使って洗ったら、服が縮んでしまったという洗濯事故が多いといわれています。

ドライクリーニング用の洗剤は確かに販売されているのですが、クリーニング屋さんで行うドライクリーニングとは根本的に全く性質の異なるものです。

クリーニング屋さんでは、「ドライクリーニング」といえば水を使わずに有機溶剤という油を使って汚れを落とします。

メイクをクレンジングオイルで落とすように、有機溶剤は油ですから脂溶性の汚れ、つまり口紅や油汚れをとても良く落としやすいのです。

しかし、水と油は分離してしまうもので馴染みませんよね。つまり、水溶性の汚れ…汗汚れなどはドライクリーニングでは落とせないということになります。

つまり、ドライクリーニングだけでずーっと着ていると、汗によって服が黄ばんでくることもあるのです。

自宅でレーヨンやウールを洗濯できる?

自宅でも、レーヨンやウールを洗濯しているという人はいるようですね。水に付けると縮んでしまうのでとにかく短時間でささっと仕上げる、時間勝負の洗濯になります。

そのように短時間で終わらせることに気をつけて洗えば、レーヨンなどでもそんなに縮まずに洗えるとのことです。

しかし、ドライクリーニング用の洗剤を使うから大丈夫〜と思って洗濯機に放り込んで洗濯してしまうと、長時間水に浸っていることによって縮んでしまう可能性大なので、ドライクリーニング用の洗剤を使ってなおかつ手洗いで手早く洗濯を済ませましょう。

【スポンサードリンク】

自宅での洗濯におすすめの洗剤は?

自宅でレーヨンやウールなどを洗濯するなら、洗剤にこだわるのも大切です。特にウールなど動物の毛を使っているものは、毛がタンパク質でできているためアルカリ性に弱いです。

そのため中性洗剤で洗うのが基本ですね。アクロンやエマールなどおしゃれ着洗い用の洗剤を使うといいでしょう。

また、市販では手に入りませんがネットショップではプロ・ウォッシュというプロ仕様の洗剤がとても縮みにくく衣類を保護してくれる洗剤として販売されています。

こちらのプロ仕様の洗剤を使うと、レーヨンやキュプラや、ウールやカシミアなども普通に洗濯しても縮まないと評判です。

まとめ

さて、いかがでしたか?

まとめますと、

自宅でドライクリーニングはできるのか?

  • 自宅では有機溶剤でのドライクリーニングはできない。
  • 自宅で洗うならおしゃれ着用の洗剤でスピード勝負で手洗いする。
  • 洗剤はおしゃれ着洗い用か、プロ・ウォッシュという洗剤がオススメ!

ということでしたよね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

スポンサードリンク

こちらの記事はいかがですか?


このページの先頭へ