ワインビネガーとは?アルコール分は含まれているの?バルサミコ酢との違いもご紹介!

ダウンロード (3)

ワインビネガーというのは、ドレッシングや煮込み料理やピクルスなんかによく使われますが、そもそもどんなものかご存知ですか?

ワインという名前が付いているくらいだから、アルコールが含まれているのか気になりますよね。

また、ビネガーはお酢のことですが、バルサミコ酢とはどのように違うのでしょうか?

ワインビネガーとは、アルコールが含まれているのか、バルサミコ酢とはどのように違いがあるのか、調べてみました!

【スポンサードリンク】

ワインビネガーとは、どんな調味料?

ワインビネガーとは、ワインを基に作られるお酢です。リンゴ酢とかありますが、ワインから作るのでブドウから作られる果実酢ということになりますね。

ワインビネガーは、どんな特徴があるのかというと、酸味が他のお酢よりも高くて、香りはぶどうのフルーティーな香りです。

お酢独特のクセのようなものが少なくて、お酒を割って飲むのにも適しています。

また、ドレッシングにオリーブオイルと組み合わせてよく使われます。

ワインビネガーは、イタリア料理やフランス料理によく登場する調味料です。

ワインから作るというと、アルコールは残っているのかな?と心配になるかもしれませんが、ビネガーになった時点でアルコールは残っていないと考えられます。

なので、ワインビネガーは普通に他のお酢のようにお料理に使えます。

バルサミコ酢とワインビネガーとの違いは?

では、バルサミコ酢とワインビネガーの違いは何なのでしょうか。

バルサミコ酢はそもそも何かというと、同じくぶどうの果汁から作られる果実酢です。

ワインビネガーも、ぶどうから作られるワインをさらに発酵させてつくった果実酢ですよね。

両者の違いは何なのでしょうか。

違いは、製造法にあり、ワインビネガーとバルサミコ酢とでは、お酢の香りや味も異なってきます。

バルサミコ酢は、北イタリアを中心に、伝統的な作り方で作られています。

ぶどうの果汁を搾り、煮詰めて濃縮させて、木の樽に入れて熟成させてバルサミコ酢ができます。

バルサミコ酢は、色が黒いのが特徴です。また、香りや味が濃厚で、サラダのドレッシングなどに使われます。

加熱すると、酸味が和らいで甘みが引き出されるので、加熱したバルサミコ酢は肉料理のソースや、デザートのアイスクリームのソースに使われたりします。

バルサミコ酢が濃厚なのに対して、ワインビネガーはあっさりとしています。

酸味が爽やかで、フルーティーな香りです。

【スポンサードリンク】

まとめ

さて、いかがでしたか?ワインビネガーは、聞いたことはあるけれどどんなものか分かっていなかった人もいるのではないかと思います。

ワインから作られるものの、アルコール分は残っていなくて、普通のお酢として使えるんですね!

まとめますと、

ワインビネガーとは?バルサミコ酢とはどう違う?

  • ワインビネガーとは、ワインをさらに発酵させて作られたお酢。
  • アルコール分は残っていない。
  • バルサミコ酢は、同じくぶどうから作られるがバルサミコ酢は濃厚な黒いお酢で、ワインビネガーはあっさりした爽やかなお酢。

ということでしたよね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ