ベルベット生地の素材の特徴とは?季節はいつ?ベロアとの違いについてもご紹介!


ダウンロード

ベルベット生地の素材は、高級感があるというのがパッと見の印象ですよね。しかし、ベルベット生地の素材には、具体的にどんな特徴があって、扱いはどのようにしたらいいのでしょうか。

また、ベルベットというと季節的にはいつ着るのがいいのでしょうか。温かみのある素材なので、季節的には春とか夏に着ると場違いな感じですね。ベルベットを着るときは、季節にも注意する必要がありそうです。

ベルベットというと、よく似た素材にベロアという素材がありますが、違いはどのような違いがあるのでしょうか。ベルベットとベロアの違いについてもご紹介していきたいと思います。

【スポンサードリンク】

ベルベット生地の素材の特徴とは

ベルベット生地の素材の特徴というのは、起毛されており、光沢感があり高級感と優雅さを感じさせるのが特徴です。

ビロードとも呼ばれていますね。イタリア発祥の生地素材で、2枚の布にパイル糸が織り込まれて、2枚の間をカットすることで、あの起毛が生まれます。同時に、2枚のベルベット生地が出来上がるんですね。

そんなベルベット生地ですが、起毛が寝てしまったり、抜けてしまったりするのを防ぐため、長時間座るようなシーンでは、着用しないほうがいいといわれています。

ドレスなどでベルベット生地を選ぶときは、立食パーティーなどのシーンに向いています。

ベルベット生地のお手入れ方法についてですが、もし、ベルベット生地にシワができたら、お風呂場につる下げておくと蒸気でシワが綺麗になくなります。

シワが消えたら、湿気をそのままにせずに、よく風で乾かしてブラッシングしておきましょう。

また、水にぬれてしまうと、シミになる可能性があります。雨の降る日には、ベルベットは向きませんのでやめておきましょう。

また、もし水に濡れたら、速やかにハンカチや乾いたタオルで水を拭き取りましょう。ちなみに、アゲハラベルベットという、世界一のベルベットメーカーの生地は、撥水加工によって、そんなにひどい雨でなければ大丈夫にできているようですので、アゲハラベルベットはおすすめです。

クリーニングは、水に濡らしてはいけないので、ドライクリーニングをクリーニング店で行ってもらいましょう。有機溶剤により、水を使わずに汚れを落とします。

しまう時は、軽くブラッシングをして、毛並みを整えましょう。また、ホコリを取り除く効果もあります。

ホコリが付くと目立ちやすいので、ホコリがつかないように服専用のカバーで覆いましょう。ベルベットの美しい光沢感を保つためにも、しっかりブラッシング、埃よけして管理しましょう。

【スポンサードリンク】

ベルベット生地の素材は、季節的にはいつ?

ベルベット素材は、季節的には秋と冬がいいでしょう。温かみのある素材なので、春や夏に着ると暑苦しい印象を与えてしまうので、避けるべき素材です。同様に、ウールやファー素材も、寒くなってからです。

レース素材は、秋冬だと涼しそうで、春夏向きです。また、色合いもパステルカラーや明るい色は春夏向き、深い温かみのある色は秋冬向き、というように、季節感のある服装を心がけましょう。

ベルベットとベロアの違いは?

ベルベットとベロアの違いはなんなのでしょう。ベロアも、ベルベットのように毛羽立った起毛性があります。

光沢があり、ベルベットよりも厚みがあり毛足が長いのが特徴です。ベルベットは織物、ベロアは編み物だといわれています。

しかし、今では明確に区別していない店も多く、表面に起毛があればベロアとまとめて呼んでいる生地屋さんもあるといわれています。

まとめ

さて、いかがでしたか?

まとめますと、

ベルベットの特徴

  • 光沢感と、優雅さ、起毛がある。水に濡らせない。座るようなシーンに不向き。
  • 季節は秋冬向き。
  • ベロアとの違いは、ベルベットが織物でベロアが編み物。ベロアの方が厚く毛足が長いのが特徴

ということでしたよね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ