カーペットの洗濯頻度や洗濯方法についてご紹介!自宅で洗濯できる?それともクリーニングに出すべき?

毎日カーペットの上を歩いたりしてホコリがたまったり、子供が食べ物を落して汚れたり‥そんな時、たまには洗いたいと思ったことはありますよね。

でも、そういう時ってカーペットは自宅で洗濯できるのか、できない場合はクリーニングに出さなければいけないのか疑問になるのではないでしょうか?

そこで今回は、カーペットは自宅で洗濯できるのか?できるのならどのような方法で洗濯すればよいのか?

洗濯頻度はどのくらいなのか?もし、自宅で洗濯出きない場合はクリーニングに出した方がよいのか紹介します。

【スポンサードリンク】

カーペットの洗濯頻度は?

カーペットを洗濯する頻度は、人それぞれですが、夏場は2ヵ月に1回、冬場は年に1回という方が多いようです。

専門家が推奨する頻度は、4ヵ月~6ヵ月に1度。平均的なご家庭の洗う頻度は、1年に1回程度だそうです。

でも、どのようにしてカーペットを綺麗にすればよいのか気になりますね。

カーペットを綺麗にする方法は?

カーペットに重曹をふりまいてしばらく置くと、重曹が汚れや臭いを吸収してくれるので、掃除機で吸い取るだけで綺麗になります

でも、もっと綺麗にしたいと思う時は、自宅で洗濯するかクリーニングに出すかどちらかになります。

自宅で洗濯する場合は、なかなか1日では乾きにくいので、晴れた日に干さなければなりません。

また、クリーニングに出す場合は、自分でしなくてもよいので楽ですがお金がかかってしまいます。

【スポンサードリンク】

カーペットを自宅で洗濯する方法

大きなカーペットは洗濯機に入らないし、乾かすのも大変だし自宅での洗濯はできないのでは?と疑問に思うことでしょう。

でも、ちゃんと自宅でも洗える方法があります

洗う前に下準備を!

掃除機をかけて髪の毛やホコリを取り除きます。シミがあれば、洗剤をつけておきましょう。

洗濯機で洗う場合

洗濯機の摩擦で傷やほつれが出ることがあるので必ず洗濯ネットに入れて、毛布コースや大物コースを選択して洗いましょう

踏み洗いする場合

洗濯機に入らない時は浴槽で踏み洗いが良いでしょう。浴槽に40℃位のお湯を入れてその中に洗剤をいれます

お湯の量は、カーペットがひたひたに浸かる程度に!そしてあとは、ひたすら踏むだけです

お湯が汚れてきたら捨て、足で踏みながら脱水し綺麗なお湯をいれながらすすいでいかこれを2~3回繰り返します。お湯が汚れなくなったら出来上がりです。

カーペットを干す

普通に半分におって乾かす方法だとなかなか水がきれません。

早く乾かすには、斜めに干すことです

斜めに干して洗濯物の端っこを三角形になるようにすると、その部分に水が集まってきて水切れが早くなり、そのぶん早く乾きます。

カーペットをクリーニング出す方が良い?

忙しくて洗う時間がない人や、シミなどのガンコな汚れが多数ある場合、クリーニングに出す方が良いかもしれません

時間短縮ができますし、自宅で洗濯するよりはしっかりと汚れが落ち、ダニや雑菌などもなくしてくれます

ただ、1帖で1000円前後のお金ががかるというデメリットもあります。

まとめ

カーペットの洗濯頻度や洗濯方法についてご紹介!自宅で洗濯できる?それともクリーニングに出すべき?

  • カーペットの洗濯頻度は年に1~2回ほど洗濯する人が最も多い
  • 洗濯機に入る大きさであれば自宅で洗濯可能だが、入らない場合は、お風呂場で踏み洗いしなければならない
  • 忙しくて時間がない場合、お金はかかるがクーリングの出すと便利

今回は、カーペットが汚れたらどのようにすればよいかについて調べてみました

一見きれいに見えるカーペットだったとしても、目立たない汚れが残っているかもしれません。

1年に1度くらいは自宅で洗濯したり、クリーニングに出したりして綺麗にするとよいかもしれませんね

カーペットの上を安心して寝転がれるくらい清潔なカーペットを目指してはいかがでしょうか。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください